安部公房スタジオと欧米の実験演劇

紀伊國屋書店、Book Live!、hont他、各電子書籍書店にて発売中!! 『安部公房スタジオと欧米の実験演劇』電子書籍版

安部公房スタジオと欧米の実験演劇

コーチ・ジャンルーカ 著
A5判 / 218ページ / 並製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-88202-969-4(4-88202-969-3) C0074
奥付の初版発行年月:2005年03月 / 書店発売日:2005年03月02日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

斬新な演劇集団として1970年代を疾走した「安部公房スタジオ」はきちんと評価され遺産として新しい世代に継承されているのだろうか? 本書はイタリアの若き研究者が、現代文学に大きな足跡を残した作家・安部公房の演劇活動の軌跡をたどり、その実験的な試みが世界性を持つことを同時代のアメリカ・ヨーロッパの前衛的な演劇集団との比較によって明らかにしたものである。

著者プロフィール

コーチ・ジャンルーカ(ジャンルーカ,コーチ)

Gianluca Coci 1995年、イタリアのナポリ東洋大学日本語日本文学卒業。
1997年−1999年、早稲田大学研究生(国費留学生)。
2001年、専修大学大学院修士課程修了、
2004年、同大学院後期博士課程修了。 日本滞在7年。
現在、ナポリ東洋大学日本語日本文学非常勤講師、
トリノ大学日本文学非常勤講師。
安部公房『密会』をイタリア語に翻訳し、現在は大江健三郎の
『宙返り』を翻訳中。研究分野は、安部公房、大江健三郎、
そしていわゆる日本のポップ文学。
その他の著書等に「実在と非実在の間の空間における探求=
コーチ・ジャンルーカ」所収『安部公房 メディアの越境者』
(鳥羽耕史[編]、2013、森話社)などがある。

目次

序章 「安部公房スタジオ」と欧米の実験演劇
第1章 「安部公房スタジオ」の演劇の構造
第2章「安部公房スタジオ」の作品におけるモチーフ
第3章 ザ・リヴィング・シアターの大冒険
第4章 イェジィ・グロトフスキーの実験劇場
第5章 エウジェーニオ・バルバのオーディーン劇場
第6章 安部公房と欧米の実験演劇における類似と相違終章 東京・渋谷とデンマーク・ホルステブロ
参考史料・俳優へのインタビュー

関連書

ページの上部へ▲