女性のうつをケアするために心のホネが折れたとき

心をケアするBOOKS
心のホネが折れたとき 女性のうつをケアするために

赤沢 南 著
四六判 / 206ページ / 並製
定価:1,500円 + 税
ISBN978-4-88202-926-7(4-88202-926-X) C0311
奥付の初版発行年月:2005年01月 / 書店発売日:2005年01月13日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

「うつ」に性差はないのに「女性の手記」は少ない。家事、仕事、医師との付き合い方……等、自らの切実な体験をふまえ、女性による女性のための視点で「うつになったら、どうしたらいいか」をアドバイス。

前書きなど

▼「まえがき」より→うつ病が多方面で話題にされているにもかかわらず、女性患者の苦境に触れられることが少ない現状が気になっています。……実際女性のうつ発症率は男性に比べて低くはないのです。しかし、女性患者を取り巻く状況は、病院に行き治療を受けるにしても、休養を取ることについても、男性患者に比べて厳しい場合が多いのではないでしょうか。……毎日を追われるように過ごしながら、弱音を吐く機会も相手も見つけられず、一人で苦しんでいる女性は想像以上に多いのです。誰にも相談できず病院に行くことさえできない女性が。私は今、そうした女性たちの「道案内」に役立てば、と思いながら書いています。

著者プロフィール

赤沢 南(アカサワ ミナミ)

40代女性教師。闘病記につき筆名で執筆。家庭の主婦でもある。

関連書

ページの上部へ▲