風(rera)に祈る

風(rera)に祈る

富樫 利一 著
四六判 / 190ページ / 上製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-88202-921-2(4-88202-921-9) C0095
奥付の初版発行年月:2004年11月 / 書店発売日:2004年11月08日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

前書きなど

「〈レラ〉というアイヌ語が好きだ。〈風〉という意味だ。[……]私の書くものは次第にアイヌ民族に関するものだけになって行った。私が会員になった『知里真志保を語る会』の会員としての使命感のようなものが強くなって行った時期である。書くことがどんどんと増えて行った。読者のなかから、アイヌ民族への関心を持つ人が少しでも出て来ることが望みだった。自分の文章の力で、無関心層の絶対に多いシャモのなかに風が起きる。風を起こしてみせると言う自負があったことは確かであった。レラ(風)は舞い上ったろうか。微動だにしなかったのではないかとの思いは強い。微風も吹かなかった、のではないか……。しかし、私はレラというアイヌ語はとても好きだ」(本書より)。
これまで各紙誌に寄稿したアイヌ文化をめぐる「エッセイ」「評論」「小説」を集成。

著者プロフィール

富樫 利一(トガシ トシカズ)

昭和7年、北海道夕張郡栗山町生まれ。作家、「知里真志保を語る会」会員。
著書に『銀のしずく「思いのまま」(知里幸恵の遺稿より)』(2002、彩流社)、『エノン{いずこへ}』(1992、彩流社)、『伏流 金成太郎伝』(2004、彩流社)、『ラメトク〔勇者〕起つ』(1997、彩流社)ほか

関連書

ページの上部へ▲