行方不明者を持った家族の証言チリの闇

チリの闇 行方不明者を持った家族の証言

中王子 聖 著
四六判 / 274ページ / 上製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-88202-906-9(4-88202-906-5) C0022
奥付の初版発行年月:2005年03月 / 書店発売日:2005年03月08日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

「被害者の証言に寄り添い、その実情を丁寧に掘り起こす試みは、過去への旅ではなく、未来に一歩を踏み出すための、欠くべからざる経験である。本書がその貴重な一歩となることを願ってやまない」(寺中誠/アムネスティ・インターナショナル日本事務局長)。ピノチェトによるクーデター(1973年9月11日)は17年もの長きに亘る軍政を敷いた。拉致・行方不明者、処刑・拷問の被害者など、多くの犠牲を人民に強いたのである。また、今なお多くの人々が精神的治療が必要とされている。軍政は終わったが、その後も軍は力を有し、人権侵害者への罪の追及は遅々として進まない。人権侵害の問題はまだ終わってはいないのだ。著者は1997年から「失踪者」に関する研究調査を開始。2000年9月から約半年、首都サンティアゴとパラルで失踪者を持つ家族に取材。そこから、行方不明者の家族における「こころ」の問題を探り、まさに「いま」の問題として提起する。

著者プロフィール

中王子 聖(ナカオウジ キヨシ)

1967年静岡生まれ。
関西大学社会学部卒業後、ペルーとメキシコで日本語教師に。
その後、筑波大学大学院修士課程を終え、2001年より京都大学大学院
(新宮研究室)に在籍し、心理人類学的立場から、行方不明者問題を研究している。

関連書

ページの上部へ▲