エスペラントとイーハトーブ世界の作家 宮沢賢治

世界の作家 宮沢賢治 エスペラントとイーハトーブ

佐藤 竜一 著
四六判 / 187ページ / 並製
定価:1,600円 + 税
ISBN978-4-88202-862-8(4-88202-862-X) C0095
奥付の初版発行年月:2004年02月 / 書店発売日:2004年02月23日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

エスペラント語と賢治の関係は意外に知れらていない。生前は無名で生涯を終えた賢治だったが、世界で読まれることを強く夢み、推敲に推敲を重ねて原稿を書き続けていたことは知られている。『注文の多い料理店』に出てくる賢治が創り出した言葉「イーハトーヴォとは、イハテの卵?」(イハテというユートピア)はエスペラントをもじったことばである。賢治は、なぜイ−ハト−ブということばをつくったのか。なぜ、死後、世界的作家になりえたのか。エスペラントをキーワードに、賢治の軌跡と岩手の先人との出会いを検証しながら探ったのが本書である。 

著者プロフィール

佐藤 竜一(サトウ リュウイチ)

*佐藤竜一(さとう りゅういち) 1958年、岩手県に生まれる。法政大学在学中に、新島淳良に師事し、中国語・中国文学を学ぶ。現在、地元に帰り、編集者として活動しながら、執筆を続けている。 著書に『宮沢賢治の東京—東北から何を見たか』(日本地域社会研究所)ほか。

目次

1 東京体験とイーハトーブ 
2 田鎖綱紀と宮沢賢治 
3 新渡戸稲造と宮沢賢治 
4 方言とエスペラント 
5 ポラーノ広場 
6 佐々木喜善と宮沢賢治 
7 コスモスの所有者

関連書

ページの上部へ▲