もうひとつのイラク戦争クルドの肖像

クルドの肖像 もうひとつのイラク戦争

朝日新聞「クルドの肖像」取材班 著
四六判 / 239ページ / 上製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-88202-859-8(4-88202-859-X) C0036
奥付の初版発行年月:2003年12月 / 書店発売日:2003年12月18日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

泥沼化するイラク戦争。湾岸戦争以後のあるクルド人家族の生き方を通して、国なき民の苦難とイラク戦争の側面を描く。朝日新聞連載に加筆、解説を加えた。写真多数。
 「クルド人は独自の言語・文化を持つ民族だが、祖国を持たない。ほとんどがイスラム教徒で、このうち4分の3はスンニ派、残りの大半がシーア派の12イマーム派とされる。トルコ南東部からイラクの北部、イラン北西部にかけてが主な居住地である。クルド人はそこを「クルディスタン」(クルドの土地)と呼ぶ。正確な人口は不明だが、約2500万人と推定されている。
 本書の主人公は、クルド人のアハマドー家である。一家の味わった苦難は、イラクのクルド人の歴史に重なる。彼らの歩みを通じて、イラク戦争のもうひとつの側面がみえてくるだろう」 ──本書「プロローグ」より。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

関連書

ページの上部へ▲