アメリカ史のなかの子ども

アメリカ史のなかの子ども

藤本 茂生 著
A5判 / 288ページ / 上製
定価:3,200円 + 税
ISBN978-4-88202-742-3(4-88202-742-9) C0022
奥付の初版発行年月:2002年04月 / 書店発売日:2002年04月10日
3200円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

植民地時代から19世紀への“子どもの歴史”を通して、現在の家族観や教育観の底流にあるアメリカという多様性の淵源を探る。現代とは異なる規範のなかで生きた子どもたちの生活とその変貌。東部の辺境や中西部、また移民やユートピア共同体などの様々な世界での多様な子どもたちの在り方を検証する社会史の成果。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

目次

序章 アメリカ子ども史研究の動向──植民地時代〜19世紀半ばまで 

第Ⅰ部 アメリカ社会の近代化と子ども
1章 アメリカにおける子どもの誕生
2章 ニューイングランドでの女子の成長
3章 初期アメリカの印刷文化と家族・子ども
4章 ディストリクト・スクールからコモン・スクールへ 

第Ⅱ部 アメリカ社会の多様性と子ども
5章 東部辺境の子どもの生活
6章 教科書にみるアメリカ中西部の子どもの世界
7章 モラルとカトリック移民の子ども
8章 ユートピア共同体の性・ジェンダー・親子関係

関連書

ページの上部へ▲