リスボン、路の果てるところ白い街へ

白い街へ リスボン、路の果てるところ à cidade branca

杉田 敦 著
四六判 / 274ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-88202-734-8(4-88202-734-8) C0026
奥付の初版発行年月:2002年02月 / 書店発売日:2002年03月10日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

ペソア、タブッキ、ヴェンダース、ベンヤミンなど数多くのアーティストを惹きつけ、クリエイティヴィティを刺激し続ける白い街、リスボン。エレクトリコ(市電)のブレーキ音、オレンジのナトリウムランプ、サンタ・ジュスタのエレヴェータ、アルファマの細い路地、そして1杯のジンジーニャ……。異分野の表現者とリスボンを重ね合わせ、同時代のポルトガルをみつめる文化紀行。写真多数。

*本書に登場するリスボンに魅せられたアーティストたち* 

フェルナンド・ペソア[ポルトガルを代表する詩人]
アラン・タネール[スイス人監督]
アントニオ・タブッキ[イタリア人作家]
カエターノ・ヴェローゾ[ブラジル人ミュージシャン]
ルイス・ロウロ[ポルトガルのコミック作家]
イリヤ・カバコフ[ウクライナ生まれのアーティスト]
ヴィム・ヴェンダース
マドレデウス
アルヴァロ・シザ[ポルトガル人建築家]
ヴァルター・ベンヤミンほか

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

杉田 敦(スギタ アツシ)

atsushi sugita.
批評家。名古屋大学理学部物理学科卒業。アートとテクノロジーおよび哲学との関係を論じる。大学、専門学校などで、今日の表現の在り方を模索する「現代美学」を講義。著書『メカノ 科学の機械、美学の機械』(青弓社、1991)、『ノード 反電子主義の美学』(青弓社、1994)『リヒター、グールド、ベルンハルト』(みすず書房、1998)がある。

目次

1 影たちの気配のなかで
   ……フェルナンド・ペソアとその異名たち

2 寄る辺なさへ
   ……アラン・タネール、あるいはポールという空白

3 誰のものでもない白い街
   ……アントニオ・タブッキの不安、あるいは異名という引力圏

4 コラソン・ヴァガボンド
   ……カエターノ・ヴェローゾ、漂白する心

5 屋根の上の自転車乗り
   ……ルイス・ロウロ、リスボンの神経質と破天荒

6 キッチンの喧噪
   ……イリヤ・カバコフのポリフォニーとディアスポラ

7 暗い光、明るい影
   ……ヴェンダース、マドレデウス、そして……

8 頭のない十字架
   ……アルヴァロ・シザ・ヴィエイラという人間主義

9 路の果てるところ……
   ……ヴァルター・ベンヤミンのリスボン

10 岐路につけないもののために……
   ……あるいは、世界のどうしようもない寄る辺なさのために

関連書

ページの上部へ▲