地域史としての日本と朝鮮日韓関係2000年

日韓関係2000年 地域史としての日本と朝鮮

澤田 洋太郎 著
四六判 / 350ページ / 上製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-88202-721-8(4-88202-721-6) C0020
奥付の初版発行年月:2002年03月 / 書店発売日:2002年03月21日
2800円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

 代から現代まで、日本列島と朝鮮半島の関係史を複眼的に見る通史の労作!
 35年間にわたる日本の植民地支配は、両民族間に計り知れない傷跡を残した。その溝は「教科書問題」に象徴されるように、歴史認識の相違として新世紀に入っても尾を引いている。政治的・経済的妥協による関係修復を図ったとしても、双方が自民族中心主義史観による歴史意識を持ち続ける限り、真の友好関係と相互理解は難しい。そうした基本的認識から、北東アジア史とも言うべき視点から古代史像を展開し、中世・近世の日朝関係、明治以降の朝鮮政策、戦後の朝鮮・韓国の歩みと日本の関係を分かりやすく叙述。未来志向の両国関係を築くための“たたき台”的通史の登場。

関連書

ページの上部へ▲