狐・大尉の人形・てんとう虫

狐・大尉の人形・てんとう虫

D. H. ロレンス 著, 丹羽 良治 訳
四六判 / 320ページ / 上製
定価:2,500円 + 税
ISBN978-4-88202-686-0(4-88202-686-4) C0097
奥付の初版発行年月:2000年11月 / 書店発売日:2000年11月12日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

 「狐」「人形」「てんとう虫」という三つの愛らしいシンボルに秘められた、男女のすさまじい葛藤を描く愛の三態。天才作家ロレンスの傑作三編を、『ロレンス全集』の決定版ともいえるケンブリッジ版をもとに編む本邦初の書!

 「狐」…狐に魅せられた女の自己喪失の物語。主人公が完全犯罪をねらって男性の殺害を企て る後半のシーンは、雑誌掲載後につけ加えられたものとして有名である。
  「大尉の人形」…愛人の人形を作ったばかりに、その人形ともども数奇な運命をたどること  になるヒロイン、ハネリの運命は……。
 「てんとう虫」…てんとう虫をかたどった指貫から、伯爵夫人の想像力は果てしなく拡がって いく。愛人、そして夫……。旧版では欠落があった原稿が復元された本邦初訳。

関連書

ページの上部へ▲

タグ: