三上寛怨歌に生きる

三上寛怨歌に生きる

三上 寛 著
四六判 / 240ページ / 並製
定価:1,700円 + 税
ISBN978-4-88202-685-3(4-88202-685-6) C0073
奥付の初版発行年月:2000年11月 / 書店発売日:2000年11月23日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

 五木寛之氏絶賛——1968年夏、寺山修司の『家出のすすめ』に触発されて青森駅から夜汽車に乗った東北出身のゲジゲジ眉毛のフォーク・シンガーが、中津川フォーク・ジャンボリーで衝撃のデビューをしてから30年。芸能界の荒波のなかで、音楽の深い闇を見つめ続けた絶叫人生を綴る感動の自伝。  
 
●目次から
 1968年、夏の日の上京
 モヒカン刈りの新聞配達人
 飯場で生まれた『夢は夜ひらく』
 画期的なライブハウス、渋谷「ステーション70』
 中村八大の曲でデビュー
 フォークの神様、岡林信康の挫折
 『新・仁義なき戦い』に出演 
 東映「ピラニア軍団」との出会い
 すべての文学は音楽である
 井上忠夫の曲で再デビュー
 五木寛之氏の実弟の死
 「音」が言葉を越える瞬間
 ギター探しの旅
 音楽情報番組とディレクターの死
 ロックは哲学だ
 音楽生活30周年の『三上寛ボックス』
 寺山修司のこと
 三上寛ディスコグラフィー

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

関連書

ページの上部へ▲