宮廷画物語スペイン十八世紀への招待

スペイン十八世紀への招待 宮廷画物語

西川 和子 著
四六判 / 246ページ / 上製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-88202-675-4(4-88202-675-9) C0026
奥付の初版発行年月:2000年08月 / 書店発売日:2000年08月06日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

 1700年の王位継承戦争——ハプスブルク家からブルボン家のスペインへ——から“マホとマハ”が闊歩する世紀転換期まで、複雑なヨーロッパの王国の争いのなかで、揺れるスペイン王家の人間模様を肖像画に描かれた人物を通して、スペインの歴史を語り、ゴヤを語る著者独特のエンターテイメント。巨匠ゴヤが描く世紀転換期の宮廷画と秘められた永遠の“愛”とは!?マハのモデルとは! 

目次

 序章 気になるスペイン十八世紀
 第1章 西暦一七○○年——ハプスブルク・スペインの終焉
 第2章 「スペイン継承」のゆくえ
 第3章 フランス人、フェリペ五世
 第4章 三人の王たち——少し休憩
 第5章 巨大肖像画「フェリペ五世の家族」
 第6章 鷲鼻の王様、カルロス三世
 第7章 マホ・マハの時代——大画家ゴヤ、しっかり登場
 第8章 ぼんやり王、カルロス四世
 第9章 巨大肖像画「カルロス四世の家族」

関連書

ページの上部へ▲