ポルトガル文人外交官の生涯モラエスの旅

モラエスの旅 ポルトガル文人外交官の生涯

岡村 多希子 著
四六判 / 380ページ / 上製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-88202-558-0(4-88202-558-2) C0023
奥付の初版発行年月:2000年02月 / 書店発売日:2000年02月10日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

日本の魅力にとりつかれ住み着いて31年。ニッポンを世界に紹介したポルトガル人作家のリスボン・モザンビーク・マカオ・神戸・徳島という‘大航海’の足跡を辿る評伝。
(収録内容)
 1 旅立ち——リスボン 海軍兵学校/ 2 恋とアフリカと——宿命の女マリア・イザベル モザンビーク勤務/3 マカオ時代——マカオの愛人・亜珍 マカオ港務副司令官に就任/4 訪日とティモール問題——日本への出張辞令 ティモール用の武器調達/5 神戸時代前期とヨネ——ラフカディオ・ハーンの影響 ヨネとの出会い /6 神戸時代後期——日本人のブラジル移住 ポルトガルの姉と妹/7 徳島の生活とコハル——『徳島の盆踊り』の執筆 私小説『おヨネとコハル』/8 再会——亜珍の来日と和解 最後の大作『日本精神』

著者プロフィール

岡村 多希子(オカムラ タキコ)

1939年 東京都生れ。
東京外国語大学ポルトガル・ブラジル学科卒
専攻 ポルトガル文学・文化
東京外国語大学名誉教授
著・訳書に
『方舟』(ミゲル・トルガ著、彩流社、1984年)『ポルトガル短篇選集』(アルヴァロ・サレマ編、彩流社、1988年)『モラエスの絵葉書書簡』(ヴェンセスラウ・デ・モラエス著、彩流社、1994年)『日本精神』(ヴェンセスラウ・デ・モラエス著、彩流社、1996年)『ポルトガルの友へ モラエスの手紙』(ヴェンセスラウ・デ・モラエス著、彩流社、1997年)『モラエスの旅 ポルトガル文人外交官の生涯』(岡村多希子著、彩流社、2000年)『リカルド・レイスの死の年』(ジョゼ・サラマーゴ 著、彩流社、2002年)『モラエスの日本随想記 徳島の盆踊り』(W.de モラエス著、講談社、1998年)『おヨネとコハル 増補改訂版』(ヴェンセスラウ・デ・モラエス 著、彩流社、2004年(旧版1989年))『生きている、ただそれだけで美しい』(アウグスト・クリ著、アーティストハウスパブリッシャ、2003年)『ポルトガル日本交流史』(マヌエラ・アルヴァレス・ジョゼ・アルヴァレス共著、金七紀男・岡村多希子・大野隆雄共訳、1992年)『十六・七世紀イエズス会日本報告集 第1期第4巻 1601年−』(家入敏光との共訳、同朋舎、1988年)『十六・七世紀イエズス会日本報告集 第1期第5巻 1605年−』(同朋舎、1988年)『東洋遍歴記 1』(メンデス・ピント著、平凡社、1979年)『東洋遍歴記 2』(メンデス・ピント著、平凡社、1980年)『東洋遍歴記 3』(メンデス・ピント著、平凡社、1980年)『ウズ・ルジアダス ルシタニアの人びと』(ルイス・デ・カモンイス著、小林英夫ほかとの共訳、岩波書店、1978年)『南蛮文化渡来記—日本に与えたポルトガルの衝撃』(アルマンド・マルティンズ・ジャネイラ著、松尾 多希子訳、サイマル出版会、1971年)などがある。

関連書

タグ:モラエス

ページの上部へ▲

タグ: ,