隠蔽された開幕前史鎌倉史の謎

鎌倉史の謎 隠蔽された開幕前史

相原 精次 著
四六判 / 268ページ / 並製
定価:1,900円 + 税
ISBN978-4-88202-553-5(4-88202-553-1) C0021
奥付の初版発行年月:1998年01月 / 書店発売日:1998年01月10日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

鎌倉幕府成立以前は「一寒村にすぎなかった」という常識は、頼朝がなぜ「鎌倉」を選んだかを説明できない。奈良と鎌倉をつなぐ重要人物、良弁と父親染屋時忠の実像、相模国の古代史像の“発掘”を通して描く「奈良時代の鎌倉」の実態。

関連書

ページの上部へ▲