双子・アトピー・アレルギーの10年お母さんが書いた『アトピー・アレルギー通信』

お母さんが書いた『アトピー・アレルギー通信』 双子・アトピー・アレルギーの10年

河出 ゆきこ 著
A5判 / 246ページ / 並製
定価:1,900円 + 税
ISBN978-4-88202-547-4(4-88202-547-7) C2077
奥付の初版発行年月:1999年04月 / 書店発売日:1999年04月10日
1900円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

アトピー・喘息・食物アレルギーの双子の女の子の家族が、病気の治療のために五大アレルゲン除去の食事療法のほか、さまざまな療法を試し、アレルギーっ子の母親たちと交流しながらアレルギーを乗り越えていった10年間の体験記。

前書きなど

私はごく普通の専業主婦で、アレルギーについて特別勉強した訳ではありません。興味があることをとことん追求するタイプの人間ではないので、ここに書かれてある知識も情報も中途半端なものばかりかもしれません。もっと勉強されているお母さんはたくさんいらっしゃると思います。この本は「こうやってアトピーを乗り越えました」という闘病記でもなければ、「この治療法で治りました」というハウツウものでもありません。アレルギーの子を持つお母さんに宛てて毎月書かれたお手紙をまとめたものと思ってください。どの文章も同じ悩みを持つ「あなた」に向けて書かれているのです。そして、これはアレルギーを卒業した後で、当時を振り返って書いたものではなく、その時々の出来事や感じたことをそのままの言葉で書いたものなので、今がんばっているお母さんにとって、とても身近に感じられるのではないかと思います。
 わが家のアレルギーの歴史は、除去食と近代医学から始まり、年月を経ていろいろな民間医療と出会って来ました。だからといって、近代医学を全面的に否定し、民間医療を奨励している訳ではありません。
ですから、今一生懸命除去食にとり組んでいらっしゃるお母さん達は、どうか混乱なさらないでください。
この本を通して私がお伝えしたいことは、私の気持ちの変化です。かたくなにこわばっていた気持ちが、
他のお母さん達に支えられて少しずつゆるやかになり、明るくなり、そして前向きになっていった過程を読みとっていただければと思います。ですから、民間療法については、あえて名前をイニシャルにしました。これはあくまでも、わが家が出会ったことであり、どなたにでもおすすめできるものではないと考えているからです。
  本書はこういった仮名への変更以外にはいっさいの脚色を加えず、私の体験したこと、感じたことをそのまままるごと読者の皆さまへお伝えしようと試みたものです。
 食物アレルギーと出会って10年。一応卒業はできましたが、まだしばらくみんなの中に留まって、「大丈夫だよ。元気だして」と声をかけてあげる応援団でありたいと考えています。通信も書き統けていきます。この本を読んだお母さんが、少しでも気持ちか楽になって、また明日からがんばる力が湧いてきたら幸いです。

目次

序章  除去食を始めて間もない頃  1988年 6月(2歳1ヵ月)
      〃    半年     1988年12月(2歳7ヵ月)
      〃    1年     1989年5月(3歳1ヵ月)
      〃    1年半    1989年11月(3歳7ヵ月)
第1章 除去食から選択食へ 1990年7月~1992年2月(4歳3ヵ月~5歳10ヵ月)

「ぷちとまと」の野菜/夏休みの計画は決まりましたか?/旅行に持っていくとよい物/子供の食事と親の食事どうしていますか?/たとえば/ひえ粉の話

2年前/旅行に行きたいという人へ/みかクマちゃんとぴんクマちゃん

明けましておめでとうございます/クリスマスとお正月はいかがでしたか?/メープルに行って来ました/戸山さんへ 《暖房の話》 上原さんへ/入院/食品保存/アレルギー用の肉はどうしてますか?/家事

抗アレルギー剤/圧力鍋って便利ですか?/浄水器/民間療法/幼稚園/インタール経口薬/勤物性たん白質/ひえめん・あわめん/この食事を始めてもう三年/選択食/お誕生会/幼稚園

アレルギー通信/幼稚園/カレーライス/幼稚園から電話がありました/アレルギー食品の信用度/パーティ/漢方薬飲み始めました/滝川さんへ/コンビニのおにぎり/ゴールは給食なのでしょうか?/6月の誕生日会/7月の誕生日会/幼稚園自慢/水ぼうそう/ウィークエンド台風/戸山さんへ/おやつ

「ひなの会」発足/吸入による喘息治療/里奈と愛奈/漢方薬/近代医学VS東洋医学/洗濯機

里奈と愛奈/お弁当ウォッチング/小食がよい?/おせちのメニュー/新年会/給食のこと/武内さんへ

第2章 アトピー治しから子育てへ 1992年3月~1994年2月(5歳2ヵ月~7歳10ヵ月)

幼稚園/自然食~玄米菜食/ゴールが見えてきたり!?/献立のコピー/大赤字/注射事件/ひなの会そばアレルギー事件の判決/ゴマクラッケ事件/健康って何?/子供も健康/松延先生の講演会/映画「奇妙な出来事アトピー」/通信について/茶話会でのこと/お手軽ミートボール/和田さんへ/玄米はおいしい/里奈のアトピー/整体について
夏       
血液検査/漢方薬/整体/おっぱいと体重/キャンプ/みつまめ/8泊9日キャンプの旅/里奈と愛奈/そして東京/中耳炎と小麦/おっぱいグループ/やっぱり忙しいよね/幼稚園
秋      
薬止めてます/やっぱり喘息になっちゃった/薬止めてその後…/アトピー治しから子育てへ/ige検査/おっぱいをあげているお母さんがんばって!

給食《第1ラウンド》/給食《第1ラウンド》/給食《第3ラウンド》/給食《第4ラウンド》/給食《第5ラウンド》/待ちの子育て/里奈の肺炎/Oリングテスト/お子さま付き合い・お母さま付き合い/通信を読んで/3パパトリオ結成/引っ越しが決まりました/アレルギーはお母さんのせい?/《子供のアレルギーはお母さんが治すもの?》 
春     
卒園式/アトピーは心身症?/かぜの話/バリーグリーン飲み始めました/牛のもの試しています/ズボラ・ガサツ・グータラ/医療制度の不思議/電子レンジについて/真弓定夫先生の講演会/ピカピカの一年生/給食/アナフィラキシー/引っ越しました/給食/来て来て!/夕焼けこやけ/給食
夏 
給食/断乳パーティ/母原病/おたふくかぜ/給食はやっぱりありがたい/ステロイドと食事/島上さんの真空パック/食事療法/ひなの会のキャンプ/プンプン!

給食その後/仕事を始めました/頑張らなくていい/11月のおしゃべり昼食会/大きな出来事
冬    
12月のおしゃべり昼食会/メリークリスマス/綿毛布を買いました/布団も買いました/明けましておめでとうございます/お正月・おせち/正木さんへ/お母さんの頭の中がアレルギー?/忙しい/梅崎和子先生/牛乳・卵/《医者なし、薬なし》 

第3章 除去なし 医者なし 薬なし 1994年3月~1996年2月(7歳11ヵ月~9歳10ヵ月)

入学・入園のシーズン/ミニお料理教室を始めました/温泉療法体験談/永井さんへ/お医者さんへ行きました/ダンナの名言I/ダンナの名言Ⅱ/N整体に入会しました
夏 
行ってきましたタイヘ―/《クーラーを考えてみよう》

誰のためのよい母親/給食試食会/ミニお料理教室/オトーサン達の飲み会/《分づき米と雑穀と豆》 
冬 
お母さん不思議だね…/タイヘ行って来ました/アレルギーの子供もお母さんもお父さんも素敵だよ/N整体のアレルギーの考え方

大野さんへ/並木さんへ/ひなの会を考えよう

セキセイインコを飼い始めました/キャンプヘ行ってます/上手に経過する力/初潮まで/《今年もタイヘ行ってきました》 
秋  
妊娠?/里奈の自然治癒/私の自然治癒

思いつき/夜のおしめ/はるちゃんです/「げんき通信」のクリスマス会/素敵な出会いと経験の場/食物を悪者にしない/味噌を仕込みました/食べたいものを食べておいしい/好きな人が作ったものがおいしい/三つの願い/野菜鍋と青菜がゆ

第4章 何でも食べられるようになって 1996年3月~1997年8月(9歳11ヵ月~11歳4ヵ月)
春  
妊娠生活/自宅出産/胎便と初乳/紅っぱい/二つめの願い/三つめの願い/春香

里奈と愛奈/あせも/保健所の検診/カイワレは恐い?/何でも食べられるようになって
秋 
春香/湿疹

クリスマスとお正月/春香/おっぱい/食べること/春香/泥んこ

春香一歳/里奈と愛奈/手前味噌/朝ごはん

運動会/断乳しました/お母さんの夕食会/今月の春香/カレーパーティ/ちゃんと暮らしたい

第5章 通信に出会うまでの4年間をふりかえって 
  双子を出産
  双子でアレルギーで

あとがき

料理とおやつ

本書の中に出てくるアレルギー関連事項説明

関連書

ページの上部へ▲