D. H. Lawrence: Deciphering Italyロレンスのイタリア

ロレンスのイタリア D. H. Lawrence: Deciphering Italy

上村 哲彦 著
四六判 / 236ページ / 上製
定価:2,136円 + 税
ISBN978-4-88202-399-9(4-88202-399-7) C0098
奥付の初版発行年月:1996年05月 / 書店発売日:1996年05月23日
2136円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

D.H.ロレンスのイタリア紀行三部作「イタリアの薄明」「海とサルデニア」「エトルリア遺跡」を論じた本邦初の評論集。著者自らが作品の地を訪れ、イタリアの持つ肉感性とロレンスの知性が見事に融合していくさまを克明に描く。

著者プロフィール

上村 哲彦(カミムラ テツヒコ)

1938年、高知県生まれ。
関西大学大学院修士課程修了
現在、関西大学文学部教授。
著訳書に『ローレンス短篇集 太陽選書』(上村 哲彦訳、太陽社、1975年)、『仮面の神がみ〈上・下巻〉―苦悩する文明への提言』(フランク・ウォーターズ著、上村 哲彦訳、科学情報社、1975年)、『実存主義と現代文学』(ディヴィス・ダンバー・マッケロイ著、松浦 直巳・上村 哲彦訳、三興出版(愛育社)、1976年) 、『英米文学との出会い 』(松浦 直巳との共著、昭和堂、1983年)、『不死鳥 上・下』(D.H.ロレンス著、吉村 宏一他訳、山口書店、1984年・1986年)、『不死鳥(フェニックス)Ⅱ』(D.H.ロレンス著、共訳、山口書店、1992年)、『ロレンス研究―『カンガルー』』(D.H.ロレンス研究会 共著、朝日出版社、1990年)、『ことば・意味・かたち―英米文学-批評と読解』(上村 哲彦・加藤 文彦 編、愛育社、1993年)、『ロレンスのイタリア』(上村 哲彦著、彩流社、1996年)、『折鶴―デズモンド・イーガン詩集』(デズモンド・イーガン著、安川 アキラ・和田 葉子・上村 哲彦 共訳、関西大学出版部、1996年)、『ロストガール』(D.H.ロレンス著、上村 哲彦訳、彩流社、1997年)、『D・H・ロレンス短篇全集〈第1巻〉〈第2巻〉〈第3巻〉〈第4巻〉〈第5巻〉』(D.H. ロレンス著、鉄村 春生・戸田 仁・上村 哲彦・西村 孝次 共訳、大阪教育図書、2003-2007年)、『性の革命 マリー・ストープス伝』(ジューン ローズ著、上村 哲彦・松田 正貴・立本 秀洋 訳、関西大学出版部、2005年)などがある。

関連書

ページの上部へ▲

タグ: