神秘の湖に憑かれた人びと新十和田湖物語

紀伊國屋書店、Book Live!、hont他、各電子書籍書店にて発売中!! 『新十和田湖物語』電子書籍版

新十和田湖物語 神秘の湖に憑かれた人びと

鳥谷部 陽之助 著
四六判 / 264ページ / 上製
定価:1,500円 + 税
ISBN978-4-88202-041-7(4-88202-041-6) C1095
奥付の初版発行年月:1983年09月 / 書店発売日:1983年09月15日
1500円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

本書は、風光明媚な神秘の湖に魅かれた大町桂月、大塚甲山をはじめ高村光太郎、石川啄木にいたるまで十余人の文人・墨客の湖とのかかわりを中心に、十和田湖がどのように愛され、世に紹介されたかを中心に人物評伝としてまとめた好著。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

鳥谷部 陽之助(トヤベ ヨウノスケ)

大正9年青森県に生まれる。主な著書として、日本図書館協会選定図書『春汀・狄嶺をめぐる人々』(津軽書房)、同選定図書『続春汀・狄嶺をめぐる人々』(北の街社)、編著『江渡狄嶺—目で見るその生涯』(三土社)がある。その他、『永遠の教育者 羽仁もと子』(八戸市立図書館)、『青森県人物大事典』(東奥日報)、『青森県百科大事典』(東奥日報社)を一部執筆。青森県三戸郡五戸町字天満後31に住んだ。

関連書

ページの上部へ▲