オンデマンド版 第一二巻 『現代日本文学』

オンデマンド版 山形和美全集 12
第一二巻 『現代日本文学』

山形 和美 著
四六判 / 354ページ / 上製
定価:8,000円 + 税
ISBN978-4-7791-9022-3 C0091
奥付の初版発行年月:2008年10月 / 書店発売日:2008年10月31日
8000円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

〈聖なるもの〉が〈想像力〉におよぼす〈変容〉作用・・・・・・
 〈文学と思想とキリスト〉の関係を哲理的かつ根源的に捉え、批評界に独自の地歩を築いた
   英語文学、日本文学、フランス文学、そして比較文学、文学理論を中心にした批評家の足跡。

前書きなど

著者の言葉
私は過去五〇年ほどの間に批評集、編集物、辞典類、翻訳本その他ほぼ五〇編ほど公刊してきました。  私の処女批評集は二五歳から書き始めたものを集めて『岩のつぶやき』と題しましたが、このたびの全集も第一巻を同じタイトルにして、第二批評集『現代文学の軌跡――想像力と変容』に入れたものを加えました。私の終生の文学研究のモチーフがこれら二冊の表題にいみじくも如実に現れていることに今更ながら気づいて驚いています。第一巻の序章は、筑波大学定年退官記念最終講義を入れました。  第二巻と第三巻は私が終生考えてきたT・S・エリオットに関する文章を二巻にわたって集めてみました。第四巻、第五巻は私の博士論文を分けて入れました。そして第六巻は、グリーンに関する単行論文を二〇編ほど選んで入れました。第六巻は、友人であったイギリスの詩人ジョン・シルキンに関する文章と、G・K・チェスタトンに関する単行本でまとめました。第七巻と第八巻はC・S・ルイスにあてました。  第一〇巻は現代批評の状況を描くために、ポストコロニアル文学論から始めて、サイード、ブルーム、ハンデルマン、ポール・ド・マン、イーグルトン、マークス、カーモード、フライなどの現代批評の巨匠たちを論じた文章を集めてみました。第一一巻は近著『文学の衰退と復活』をもって宛てました。第一二巻は現代日本文学と題して、夏目漱石から丸山健二まで一五人ほどの作品を論じたものを集めていれました。  第一三巻は、シルキンの三つの詩、ジョン・ミルトン論二編、『漱石事典』(抄)、書評集、エッセー集(異文化と文脈)、雑題エッセー、モチーフ批評などを集めました。そして最終巻第一四巻は講演集で締めくくりました。  こう見てくると、ほぼ五〇年間の私の関心の軌跡がある紋様を描いていることが分かります。私が関心をおいてきた分野はイギリス文学・思想・宗教、フランス文学、日本文学、比較文学、文学理論・批評など多岐にわたります。しかし関心の中核は、文学言語の構造を作品のなかで探るということでした。その時、水平次元の人間の言語が垂直次元の〈聖なるもの〉をどのように志向するか、その志向が水平次元の言語にどのような様態をとって言語化されるかを見定めることに、私の目は執拗に注がれました。  本全集に入れたほとんどの文章には、このような私の執拗な視線のうごめきが看取されるはずです。このことにいまさらながら私自身が気づいたことは、一種の驚異です。

著者プロフィール

山形 和美(ヤマガタ カズミ)

▼山形和美略歴▲ 一九三四年生まれ。東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了、同博士課程中退。文学博士(筑波大学)。 筑波大学名誉教授。現在聖学院大学大学院教授(アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科)。 主な著書・訳書 『グレアム・グリーンの文学世界』(研究社出版)/『言語空間の崇高性――ロゴスへの意志』(彩流社) 『開かれた言葉――文学空間の亀裂』(同)/『日本文学の形相――ロゴスとポイエマ』(同) 『G・K・チェスタトン』(清水書院)/『聖なるものと想像力』(彩流社、編著) 『差異と同一化――ポストコロニアル文学論』(研究社出版、編著)/ 『メドゥーサからムーサへ――文学世界の布置』(彩流社)/『文学の衰退と再生への道』(彩流社) スーザン・ハンデルマン『誰がモーセを殺したか――現代文学理論におけるラビ的発想の出現』(法政大学出版局)/エドワード・サイード『世界・テクスト・批評家』(同)ポール・ド・マン『ロマン主義のレトリック』(同、共訳)/フランク・カーモード『秘義の発生――物語の解釈をめぐって』(松柏社)/ノースロプ・フライ『力に満ちた言葉』(法政大学出版局)ほか。

目次

第一章 現代日本小説
第二章 夏目漱石
第三章 内村鑑三
第四章 芥川龍之介(一)「地獄変」
第五章 芥川龍之介(二)ヨーロッパ文学
第六章 志賀直哉『暗夜行路』
第七章 八木重吉――その詩と真実
第八章 中河与一――偶然論と実存主義
第九章 武田泰淳『わが子キリスト』
第一〇章 椎名麟三『永遠なる序章』
第一一章 小川国夫(一)『或る聖書』
第一二章 小川国夫(二)『或る聖書』から「天の本国」へ
第一三章 遠藤周作(一)『沈黙』
第一四章 遠藤周作(二)『死海のほとり』
第一五章 森内俊雄(一)『氷河が来るまでに』
第一六章 森内俊雄(二)『骨の火』
第一七章 丸山健二『踊る銀河の夜』
あとがき

関連書

ページの上部へ▲