〈アメリカ・ロマン派〉の栄光そしてワシントン・アーヴィングは伝説になった

フィギュール彩 90
そしてワシントン・アーヴィングは伝説になった 〈アメリカ・ロマン派〉の栄光

齊藤 昇 著
四六判 / 173ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-7091-1 C0398
奥付の初版発行年月:2017年05月 / 書店発売日:2017年05月31日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International Shipping is Not avabilable.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

『スリーピー・ホローの伝説』
(ティム・バートン監督で映画化/
現在、アメリカで連続ドラマ化)、
『リップ・ヴァン・ウィンクル』(岩井俊二監督作
『リップヴァンウィンクルの花嫁』)など、
もはや民話のように浸透しさまざまなかたちで
翻案されている作品を書いた作家は、
作品があまりに有名になりすぎたからこそ
忘れられてしまった!?

アメリカでは国民的作家として
切手にもなっているロマン派作家の軌跡を探る。

英語の模範とされ、芥川龍之介や大日本帝国憲法の
起草に参画した金子堅太郎など、
明治期の知識人らにも大いに吸収され影響した
作品『スケッチブック』、
いまも読み継がれる旅行記『アルハンブラ物語』……。
これらの作品をものしたワシントン・アーヴィングとは、
一体どのような人物だったのか。
その生涯と作品をたどる。

著者プロフィール

齊藤 昇(サイトウ ノボル)

さいとう のぼる
立正大学文学部・大学院文学研究科教授(文学博士)。
日本ソロー学会第15代会長、北海道新聞書評委員、
NHKカルチャーラジオ「文学の世界」講師などを歴任。
著書に『ワシントン・アーヴィングとその時代』
(本の友社)ほか、訳書に
アーヴィング『ウォルター・スコット邸訪問記』
『ブレイスブリッジ邸』『スケッチブック』
(いずれも岩波文庫)など。

目次

目次予定

 第一章 マンハッタンに生まれる

 第二章 イギリスに渡ったリップ

 第三章 何かオリジナルの作品を書きたい

 第四章 スペインを舞台にした作品群

 第五章 帰ってきたリップ

 第六章 アーヴィングと日本

関連書

ページの上部へ▲