ウルトラQの精神史

フィギュール彩 64
ウルトラQの精神史

小野 俊太郎 著
四六判 / 236ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-7070-6 C0376
奥付の初版発行年月:2016年07月 / 書店発売日:2016年07月11日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International Shipping is Not avabilable.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

1966年の放映から50周年!

「Q」が描いた戦後社会を独自に解読!

日常に入り込んだアンバランスな世界が意味するものとは?
なぜ日本に怪獣たちはやって来たのか?
人はなぜ見慣れぬ怪獣に変貌したのか?
1966年放映の物語が描いた、
戦後社会を破壊するものの正体とは?
放映順ではなく、テーマ毎に分類して
全28話のヒミツをあぶり出す。

版元から一言

【ウルトラQとは?】
1966年放映の本邦初の本格的な特撮テレビドラマ。
1回で1話完結という簡潔さも斬新さが受け、
番組は大ヒットを記録。
平均視聴率30%を越す超人気番組となった。
「ウルトラマンシリーズ」のさきがけ。

著者プロフィール

小野 俊太郎(オノ シュンタロウ)

おの・しゅんたろう 文芸評論家。
1959 年、札幌生まれ。
東京都立大学卒、成城大学大学院博士課程中途退学。
成蹊大学などで教鞭を執る。
著書に、
『スター・ウォーズの精神史』『ゴジラの精神史』(彩流社)、
『モスラの精神史』(講談社現代新書)や『大魔神の精神史』
(角川one テーマ21 新書)のほかに、
『〈男らしさ〉の神話』(講談社選書メチエ)、
『社会が惚れた男たち』(河出書房新社)、
『日経小説で読む戦後日本』(ちくま新書)、
『フランケンシュタイン・コンプレックス』(青草書房)、
『『ギャツビー』がグレートな理由』、
『本当はエロいシェイクスピア』、
『フランケンシュタインの精神史』(ともに彩流社)、
『『東京物語』と日本人』(松柏社)など多数。

目次

はじめに アンバランスな世界へ

第1章 首都東京を脅かすもの――「マンモスフラワー」
「ペギラが来た!」 「 東京氷河期」「バルンガ」

第2章 自然がもたらす災厄――「SOS富士山」
「海底原人ラゴン」「虹の卵」

第3章 異次元への突入――「206便消滅す」
「あけてくれ!」

第4章 宇宙から飛来する怪獣―「宇宙からの贈りもの」
「ガラダマ」「ガラモンの逆襲」「宇宙指令M774」

第5章 過去から出現する怪獣――「ゴメスを倒せ!」
「鳥を見た」「ゴーガの像」

第6章 海から来訪する怪獣――「南海の怒り」「燃えろ栄光」

第7章 生物が変貌する時――「甘い蜜の恐怖」
「五郎とゴロー」「クモ男爵」

第8章 人間が変貌する時――「1/8計画」「変身」
「地底超特急西へ」

第9章 子供たちと変身――「悪魔ッ子」「育てよ!カメ」
「カネゴンの繭」

おわりに 「2020年の挑戦」

関連書

ページの上部へ▲