シティプロモーションでまちを変える

フィギュール彩 74
シティプロモーションでまちを変える

河井 孝仁 著
四六判 / 207ページ / 並製
定価:1,900円 + 税
ISBN978-4-7791-7069-0 C0336
奥付の初版発行年月:2016年11月 / 書店発売日:2016年11月21日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International Shipping is Not avabilable.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

まちの価値は人口(あたまかず)なのか!?

本書では『地方消滅』(中公新書)でも大きな話題を呼んだ
「消滅自治体」を定住人口ではなく
「関わる人の想いの総量」の視点で読みかえ、
「地方創生」をとらえ直す。
まちの課題からではなく、まちの魅力から地域を発想する。
具体的な自治体の取組みを多数紹介し、
住人はもちろんメディアや地域外の人も巻き込み
地域(まち)の魅力を創造するサイクルを提案。
自治体職員、NPO関係者、市民など、
地域作りに関わる人の指南書!

著者プロフィール

河井 孝仁(カワイ タカヨシ)

かわい・たかよし
東海大学文学部広報メディア学科教授、
総務省地域情報化アドバイザー。
静岡県情報政策室、(財) 静岡総合研究機構を経て現職。
神奈川県川崎市、栃木県那須塩原市、奈良県生駒市などの
シティプロモーションに関わった。
全国の自治体や新聞・テレビなどでまち作りに関する
講演会多数(2015年度でおよそ100回)。
主著『シティプロモーション 地域の魅力を創るしごと』
(東京法令出版)、
『地域を変える情報交流 創発型地域経営の可能性』
(東海大学出版会)。
共著に『地域メディアが地域を変える』(日本経済評論社)、
『ハイブリッド・コミュニティ
―情報と社会と関係をケータイする時代に』(日本経済評論社)
他多数。

目次

第1章
地域(まち)に真剣(マジ)になる人を増やすしくみ

「定住人口」ではない地方創生
大阪府「笑働」プロジェクトはなにを示すのか
宇都宮ダブルプレイスは二地域居住じゃない
I amsterdam は127の国籍から
まちは、ひとの参画、ひとへの感謝、ひとによる推奨に
よってできているetc…

第2章
ブランドメッセージが世界一のまちをつくる

地域魅力創造サイクルという考え方
「住めば愉快だ宇都宮」が拓いたもの
浜松市に行けば出世できる?
生駒市「いこまち宣伝部」の女性たち
1人100の魅力を考えると、まちの風景が変わる
那須塩原の大気は人を挑戦させる
ブランドメッセージは市民への未来へのことば
バルセロナはドキドキする
河内長野(大阪)は普段着かお洒落か
市民を当事者化させる仕掛けとしての
ブランドメッセージetc…

第3章
メディアを戦略的に使いこなせばまちは変わる①

まちの力で人の意欲・行動を変える
「メディア活用戦略モデル」
まず聴こう(傾聴)
ソーシャルリスニングで思わぬものを見つけ出す
平戸市(長崎県)のふるさと納税はスーパーパワー
誘発ポイントは4つ
京都市の市民しんぶんの表紙が変だ
恋をしたら流山市に届けよう
生駒市の若手職員は怒っている?
小林市(宮崎県)はフランス語圏?
尼崎市総合計画読本には人がいる
母になるなら流山市etc…

第4章
メディアを戦略的に使いこなせばまちは変わる②

信頼の着地点は行政の覚悟から
福岡市 FukuokaFactsは信頼の源泉
共感は「社会」ではない「社交」のソーシャルから
流山市「そのママ夜会」はリアルソーシャル
生駒市「まんてん生駒」が持つ力
動画「ドラマチック四街道」はドラマチックなのか
さぁ、動いてもらうためにもう一歩(行動促進)
情報の共有を手助けすれば認知も関心も共感も得られる
誘発ポイントをもう一度
ソーシャルボタンはどこにでもおけばいいわけじゃない
流山市はなぜプリクラを置いたのか
足立区が変えた役所とまちetc…

第5章
世界一のまちをつくるワークをやってみる(フォーマット付き)

ワーク「地域魅力創造サイクル」
地域の魅力をもとに世界一のまちを創る、手法、スタイル、
マニュアル
ワーク「メディア活用戦略モデル」
地域の人々の意欲と行動を、ブランドメッセージを
基礎に変える手法、スタイル、マニュアル
地域の外にいる人々の地域への意欲と行動を、
ブランドメッセージを基礎に変える手法、
スタイル、マニュアルetc…

関連書

ページの上部へ▲