不易流行の考え方昭和30年代に学ぶコミュニケーション

フィギュール彩 63
昭和30年代に学ぶコミュニケーション 不易流行の考え方

宮田 穣 著
四六判 / 200ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-7064-5 C0330
奥付の初版発行年月:2016年06月 / 書店発売日:2016年06月29日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

スマホなどのネットに席巻されている現代だからこそ、
時代を超えて見失ってはいけない、
変わることのない「不易のコミュニケーション」とは何かを
改めて考える必要がある!

「あの頃はよかった」という単なるノスタルジーではなく、
「ちゃぶ台での食事」「手紙でのやりとり」
「伝統的な年中行事や祭から学ぶこと」など、
昭和30 年代のコミュニケーションのありかたを通して、
メディアとコミュニケーションの違い、
「コミュニケーション時間」を平易な言葉で分かりやすく
考察します。

※ 前著『ソーシャルメディアの罠』は、
高校入試の国語の試験でも採用されました。
鹿児島県立楠隼高校国語科入試問題にて出題!

著者プロフィール

宮田 穣(ミヤタ ミノル)

みやた・みのる
相模女子大学人間社会マネジメント学科教授、
博士(コミュニケーション学)。
1959 年金沢市生まれ。1983 年一橋大学社会学部卒業後、
大手印刷会社、教育出版社で、マーケティング・編集・調査
・研究・広報など多様なキャリアを蓄積。
仕事の傍ら、
1999 年東京経済大学大学院コミュニケーション学研究科に
社会人入学。研究を重ね、2004 年博士課程修了、博士号取得。
2006 年民間企業から大学に仕事の場を移し、
本格的に研究活動を開始。現在に至る。
専門は、コーポレートコミュニケーション、
企業の社会的責任、NPO 論、企業広報、行政広報、
組織内コミュニケーション論など。
著書として、『ソーシャルメディアの罠』(彩流社)、
『サステナブル時代のコミュニケーション戦略』(同友館)、
『協働広報の時代』(萌書房)。
共著では、『叢書 現代のメディアとジャーナリズム2 巻
ネットワーク社会』(ミネルヴァ書房)、
『広報・パブリックリレーションズ入門』(宣伝会議)、
『メディアエコロジーと社会』(北樹出版)、
『広報・PR 概論』『広報・PR 実務』
(どちらも同友館) など。
犬との生活をこよなく愛する中年オヤジ。

目次

序 章 
     電車内の「スマホ中」  
     多様化し続けるメディア 
     何のためのメディアなのか
     コミュニケーションは進歩したのか
     時代を少しだけ巻き戻してみる  
     本書の構成  

第1章 なつかしき昭和30年代とは  
     なつかしさの訳  
     昭和30年代のイメージ  
     ちゃぶ台ワールド  
     日々の買い物はコミュニケーションの場  
     マス・メディアは特別なもの  
     当時の生活に欠かせないコミュニケーションの場  
     現在と何が違うのか  
     当時のコミュニケーションの力  

第2章 コミュニケーションの不易さ  
     ネット社会以前のコミュニケーションのカタチ  
     まず他者を知ることから  
     対話する中で、相手との距離が近づく  
     場を共有することは楽しい  
     「間」も大切なコミュニケーション  
     ともに働くと、他人事にならない  

第3章 見失われてしまったコミュニケーション  
     年中行事にみるコミュニケーションのカタチ  
     見失われてきた年中行事  
     祭はコミュニケーションの宝庫  
     手紙というコミュニケーションのカタチ  
     手紙にみる他者を思いやる工夫  
     時間をかけることの意味  
     習熟するための日々の習慣  

第4章 コミュニケーションの「温故知新」  
     「温故知新」とは  
     昭和30年代コミュニケーションから学べること  
     コミュニケーションのバランスを考える  
     ステークホルダーという関係の考え方  
     バランスを取り続けていく工夫  
     昭和30年代を見直すヒント  

第5章 「手紙」のコミュニケーション力  
     昭和30年代の手紙事情  
     『手紙屋』の魅力  
     手紙を通して、なぜ心が成長できるのか  
     「文通」が復活する意味  
     手紙を通して生まれる関係  
     時間をかけたコミュニケーションの力  
     表現のためのあくなき工夫  

第6章 「旧暦」から生まれるコミュニケーション  
     「旧暦」に注目する理由  
     「旧暦」とコミュニケーションのつながり  
     コミュニケーションの生活化  
     生活習慣はコミュニケーションのトレーニング  
     生活には情報のデトックスも必要  
     ヒューマン・スケールを忘れない  

終 章   
     ささやかな3つの補足  
     メディアは直線、コミュニケーションはスパイラルに進む  
     「コミュニケーション時間」を考える  
     自然との対話こそコミュニケーションの基礎  

     参考文献・資料  

     あとがき〜昭和30年代への追想〜  

関連書

ページの上部へ▲