世界大戦の危機とたたかった人々の絆ヘンリ・アダムズとその時代

フィギュール彩 49
ヘンリ・アダムズとその時代 世界大戦の危機とたたかった人々の絆

中野 博文 著
四六判 / 256ページ / 並製
定価:1,900円 + 税
ISBN978-4-7791-7057-7 C0322
奥付の初版発行年月:2016年03月 / 書店発売日:2016年03月09日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

南北戦争から第一次大戦までのアメリカ史の新たなる相貌!

連邦下院議員秘書、外交官、ジャーナリスト、
ロビイストと多彩な経歴を持つヘンリ・アダムズと、
その妻、家族、友人たちの活動を通じて、19 世紀後半から
20 世紀前半のアメリカ政治、そして国際政治の変動を照射。
政府官僚や利益団体、シンクタンクが政策の主要な政策形成者
となる20 世紀以降のアメリカ政治とは大きく異なっていた、
19 世紀特有の政治の在り方──
アダムズの邸宅の客間に集まった外国人や女性たち市民が
影響を与える政治や外交──を描き出す。
南北戦争後の人心も国土も荒廃した社会の建て直しのための
人々の奮闘の姿、また、アダムズ周辺の友人たちが、
第一次世界大戦に突入していく国際情勢に危機感を抱き、
平和の維持のために尽力する姿を描く。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

中野 博文(ナカノ ヒロフミ)

なかの ひろふみ
北九州市立大学外国語学部教授。
1962 年福岡県生まれ。学習院大学法学部政治学科卒業、
同大学大学院政治学研究科修了、博士(政治学)。
広島大学総合科学部講師、
北九州市立大学外国語学部助教授とを経て、現職。
主要な論文として、
「20 世紀アメリカ民主政への接近視角」金井光太朗編
『アメリカの愛国心とアイデンティティ』
(彩流社 2009 年)、
「人種と権利政治」川島正樹編
『アメリカニズムと「人種」』
(名古屋大学出版会 2005 年)。

目次

序章 ファースト・レディとレディ・リンゼイ
── 1939 年、イギリス国王夫妻の訪米
第1 章 クローヴァの青春
第2 章 アダムズ家の人々──平和と和解のための戦い
第3章 祖国復興の理想
第4章 首都ワシントンの社交界と政党組織(マシーン)
第5章 アダムズ夫妻にとっての日
第6章 異境への旅立ち
第7章 一九世紀末フランスから見た世界
第8章 門戸開放通牒に込められた思い
第9章 崩壊してゆく世界のなかで
第10 章 世界大戦の勃発
最終章 託された希望──エレノアとエリザベス
あとがき
主要人物の家系図

関連書

ページの上部へ▲