イェ・イェと称されるムーヴメントをめぐってフレンチポップス・シックスティーズ

フィギュール彩 81
フレンチポップス・シックスティーズ イェ・イェと称されるムーヴメントをめぐって

瀬尾 雅弘 著
四六判 / 152ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-7055-3 C0373
奥付の初版発行年月:2017年02月 / 書店発売日:2017年02月13日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International Shipping is Not avabilable.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

「イェ・イェ」現象の内実とはいったい何だったの!?

1967年春、レナウンから新たなファッションの
提案としてレナウン娘たちが歌い踊る「イエ・イエ」の
CMが放送開始。流行語にもなったCMは
日本のCM史上の分岐点となった。
その表現はいままでになかった斬新な試みで日本のCM製作の
レベルを国際的にも知らしめることになった。
「浮かれた楽曲がフランスで流行った時期」を表す用語
として通用してきた「イェ・イェ」が、
どのような文脈で現われたのかを、
日本への影響をふまえて徹底検証。
60年代に渡仏した英米のアーティストを調査し
フランスで2009年に出版された
『Nos années 1959 /1976 salut les copains』に
記された証言をもとに、
「フレンチポップス」として日本に紹介された楽曲を
たどって当時の状況を伝える。
またフランス音楽界の渦中にいた音楽家、
クロード・チアリ氏にインタビューを敢行。
知られざる「フレンチポップス」の舞台裏を
詳細に語ってもらった。

著者プロフィール

瀬尾 雅弘(セオ マサヒロ)

せお・まさひろ
早稲田大学第一文学部仏文学科卒業。
翻訳・通訳でアフリカの仏語圏の国々での政府
無償援助のプロジェクトに関わる。
種々の業務翻訳の他、
監修・著作で
2010年『Polnareport–
ミッシェル・ポルナレフ 挑戦と変遷のレポート–』
(愛育社)を刊行。

目次

第1章「イェ・イェ」と称されるムーヴメントとその背景
第2章 日本語でのフレンチポップス
第3章 60年代以降を俯瞰して
第4章 社会情勢と「イェ・イェ」の特異性
第5章 クロード・チアリ氏を訪ねて
おまけ 関連ディスコグラフィー

関連書

ページの上部へ▲