日本政治のオルタナティブ憲法を使え!

フィギュール彩 28
憲法を使え! 日本政治のオルタナティブ

田村 理 著
四六判 / 207ページ / 並製
定価:1,900円 + 税
ISBN978-4-7791-7025-6 C0332
奥付の初版発行年月:2015年02月 / 書店発売日:2015年02月20日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お知らせ

◎著者と担当編集者が動画でご紹介 → https://www.youtube.com/watch?v=lZ1IMubpOqU

内容紹介

立憲主義の理念は実現できていると言えるだろうか?
国家は、私たち一人ひとりの人権を守っているだろうか?
私たちは、何を根拠に国家や政治を信じているのだろうか?

集団的自衛権の行使、特定秘密保護法、公権力による情報隠蔽、大震災という非常時でも犠牲者・被災者を守れない分断された政治の実情...。
政治問題から教育現場や家族など日常まで、私たちの民主主義のレベルに鋭くメスを入れる。
国民自ら憲法を使って権力をコントロールする立憲主義の質を上げ、民主主義の主体として国民が積極的に憲法を受け止め運用していくための本。

憲法改正すべき56%→44%、現在のまま28%→44%(14年5月4日日経電子版)。世論激変の今こそ読みたい!

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

田村 理(タムラ オサム)

Osamu Tamura
1965 年新潟県柏崎市生まれ。専修大学法学部教授。専門はフランス憲法史、憲法学。明治大学法学部卒業、一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。福島大学行政社会学部助教授、専修大学法学部助教授を経て現職。フランス革命期の憲法史研究を通じて、憲法典は受け止める主体によって意味が異なることに関心をもつ。日本の憲法問題についても法学上の解釈理論よりも憲法がどのように受け止められ、受け止められるべきかについて発言を続けている。
*主著:『フランス革命と財産権』、『投票方法と個人主義』(ともに創文社)、『国家は僕らをまもらない』(朝日新書)、『僕らの憲法学』(ちくまプリマー新書)

目次

❖序章 分断された日本で
❖第一章 常識とはほど遠い立憲主義
❖第二章 分断はなぜ生じ、何をもたらすのか
❖第三章 身近にもある「信じる政治」の弊害
❖第四章 政治の分断  直接民主制の功罪
❖第五章 日本国憲法の統治の仕組み
❖第六章 最高裁が「一票の格差」を違憲無効としない理由
❖第七章 共通番号制度とプライバシー
❖第八章 特定秘密保護法  「信じる政治」と情報
❖第九章 非嫡出子の相続分差別  民法改正の原動力は
❖終章 憲法を使え!信じていても救われない

ページの上部へ▲

タグ: