忠臣蔵はなぜ人気があるのか

フィギュール彩 18
忠臣蔵はなぜ人気があるのか

稲田 和浩 著
四六判 / 208ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-7018-8 C0376
奥付の初版発行年月:2014年09月 / 書店発売日:2014年09月24日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

歌舞伎、文楽、講談、浪曲、落語等の諸芸を概観し、
あくまでも物語として「忠臣蔵」を読むことで、
江戸から明治、そして現代の人が「忠臣蔵」の物語の何に魅力を感じ、
共感したかを探る。
諸芸に通じた著者による本書は、
物語としての「忠臣蔵」を深く知るための書である。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

稲田 和浩(イナダ カズヒロ)

Kazuhiro Inada
1960 年東京生まれ。演芸作家、評論家。日大藝術学部卒業。
雑誌記者、ライターを経て1986 年より作家活動。
演芸台本、邦楽の作詞、演出も手がける。
日本脚本家連盟、日本放送作家協会所属。民族芸能を守る会相談役。
主な著書に『食べる落語』、『恋する落語』、『はたらく落語』(教育評論社)、
『落語が教えてくれる生活の知恵30』(明治書院)、『浪曲論』、
『大人の落語評論』(彩流社)、『にっぽん芸能史』(映人社)等が、
主な共著に『5人の落語家が語るザ・前座修業』(NHK出版協会)、
『落語の黄金時代』(三省堂)等がある。

目次

【目次】
(1章)忠臣蔵とは何か
(2章)講談「赤穂義士伝」を読む
(3章)「仮名手本忠臣蔵」を読む
(4章)浪曲、落語、その他の「忠臣蔵」
(5章)「忠臣蔵」にまつわる5つの疑問

関連書

ページの上部へ▲

タグ: ,