ボーダー映画論壁の向こうの天使たち

フィギュール彩 11
壁の向こうの天使たち ボーダー映画論

越川 芳明 著
四六判 / 194ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-7011-9 C0374
奥付の初版発行年月:2014年03月 / 書店発売日:2014年03月19日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

男女の「壁」、年齢の「壁」、会社の上司/部下の「壁」、経済格差の「壁」、法律の「壁」、階級の「壁」がある。世界に目を転じれば、経済格差を克服しようと越境を試みる移民にとっての国境という「壁」がある。宗教対立や民族対立が激しい場所では、宗教や民族の違いが「壁」になる。それらの「壁」は、教育やメディアなどによる「刷り込み」によって人間の心に相似形のものをつくる。厄介なのはそうした無意識の「壁」だ。私たちはその「壁」の存在を自覚できない。社会的に優位にある者には、それらの「壁」が見えない。劣勢にある者だけに「壁」は見える。社会的な周縁におかれている者だけに、「壁」は目に見えるのだ。

著者プロフィール

越川 芳明(コシカワ ヨシアキ)

Yoshiaki Koshikawa アメリカ文学研究者、翻訳家、文芸評論家。
1952年千葉県銚子市生まれ。
筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科中退。明治大学教授。
主な著書には『アメリカの彼方へ』(自由国民社、1994年)、
『トウガラシのちいさな旅』(白水社、2006年)、
『ギターを抱いた渡り鳥』(思潮社、2007年)、
[共編]越川芳明、柴田元幸、沼野充義、野崎歓、野谷文昭
『世界×現在×文学作家ファイル』(国書刊行会、1996年)等がある。
訳書多数。

目次

第一章▼経済格差の壁 現代の「南北問題」
第二章▼政治体制の壁
第三章▼ローカルな壁、グローバルな壁
第四章▼国境の壁、民族の壁
第五章▼意識の壁

ページの上部へ▲

タグ: