「名言・迷言・妄言」集MLB人類学

フィギュール彩 4
MLB人類学 「名言・迷言・妄言」集

宇根 夏樹 著
四六判 / 204ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-7005-8 C0375
奥付の初版発行年月:2013年11月 / 書店発売日:2013年11月07日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

"I've got a lot of years to live after baseball and I would like to live them with the complete use of my body."
―Sandy Koufax
「ベースボールを辞めてからも人生は長く続く。私はその人生を健康な身体で過ごしたい」(サンディ・コーファックス)

ベースボールは文化である。「ナショナル・パスタイム(国民的娯楽)」はなぜかくも人々に愛されるのか。
大リーグをこよなく愛する著者が、選手、家族、オーナー、野球記者等の名言・迷言の数々を選び、
「ベースボール」の本質に迫る。

著者プロフィール

宇根 夏樹(ウネ ナツキ)

Natsuki Une 1968年三重県生まれ。早稲田大学卒業後、メーカー、
映像技術の会社で営業職に就くが、いずれも3年で退職。
最初の退職後に渡米し各地でMLBの試合を観戦。
2度目の退職後には全30球場を巡り、経験を売込んで
MLB専門誌「スラッガー」編集部にアルバイトとして入社(創刊6号目)。
その後、契約社員を経て正社員となり、編集長を務める。約14年勤務。
現在はフリーランスのライターとして「スラッガー」誌、
MLB日本公式サイトに寄稿している。

ページの上部へ▲

タグ: