桂米團治のみんなが元気になる上方落語入門

学校寄席に挑戦!
桂米團治のみんなが元気になる上方落語入門

桂 米團治 監修・出演, こどもくらぶ 編・著
A4変 / 40ページ / 上製
定価:2,700円 + 税
ISBN978-4-7791-5017-3 C8376
奥付の初版発行年月:2015年10月 / 書店発売日:2015年10月26日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

人間国宝・桂米朝師匠直系の、
いまや上方落語界の雄・桂米團治師匠による
滑稽噺「つる」の解説本!!

上方落語ならではの
道具(見台、膝隠し、小拍子、張り扇など)を使った
仕草や口調を丁寧に紹介!!

本書を読めば、落語に登場する複数の人物の演じ分けの
基本をすぐにでも演じられるようになります。

大きな写真とカラー図版を多数収載し、
わかりやすく解説!!

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

桂 米團治(カツラ ヨネダンジ)

1958 年、大阪府生まれ。関西学院大学文学部卒業。
大学在学中の1978 年に父の桂米朝に入門。
芸名は桂小米朝。
1992 年に大阪府民劇場奨励賞受賞、
2005 年に兵庫県芸術奨励賞受賞。
2008 年に五代目桂米團治を襲名。
上方落語の華やぎを大切に、落語のさらなる発展を願い、
独演会などを精力的に開催している。
クラシック音楽にも造詣が深く、上方落語とオペラを
合体させた「おぺらくご」という新分野も確立。
落語のほかにも、舞台や映画、テレビドラマなどに
多数出演している。

こどもくらぶ(コドモクラブ)

あそび・教育・福祉分野で、子どもに関する書籍を
企画・編集しているエヌ・アンド・エス企画編集室の愛称。
図書館用書籍として、毎年10 ~ 20 シリーズを
企画・編集している。これまでの作品は1000 タイトルを超す。

目次

パート1 上方落語について調べよう!
 ①上方落語の歴史
 ②上方落語の特徴
 ③上方落語の演技を見てみよう!
パート2 「つる」に挑戦しよう!
 ①「つる」とは?
 米團治版 せりふとしぐさ
  場面1 男Aが甚兵衛さんをたずねる
  場面2 男Aが男Bをたずねる
  場面3 ふたたび甚兵衛さんの家で
  場面4 男Aがふたたび男Bをたずねる  
◉さくいん・用語解説

関連書

ページの上部へ▲