落語ってホントにおもしろい!

学校寄席入門 1
落語ってホントにおもしろい!

こどもくらぶ 編著
A4 / 32ページ / 上製
定価:2,700円 + 税
ISBN978-4-7791-5004-3 C8376
奥付の初版発行年月:2014年10月 / 書店発売日:2014年10月15日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

国民的テレビ番組『笑点』のレギュラー出演者、林家木久扇師匠が
直々に落語を演じるための基本を徹底的に解説するシリーズの第一巻。
落語の基本を木久扇師匠の解説と所作、イラストで紹介。
ぜひ教室で落語を実演してみよう!オールカラー、総ルビ、索引付。

版元から一言

本書は林家木久扇師匠出演による「落語」への入門書。
その歴史やネタ、仕種について、わかりやすい師自身の動きと表情、さらにはイラストで懇切丁寧に解説します。親子で読むには最適の入門書。本書を読めば落語を演じてみたくなることでしょう。

著者プロフィール

こどもくらぶ(コドモクラブ)

あそび・教育・福祉分野で、子どもに関する書籍を企画・編集しているエヌ・アンド・エス企画編集室の愛称。図書館用書籍として、毎年10 ~ 20 シリーズを企画・編集している。これまでの作品は1000 タイトルを超す。
ポプラ社、小峰書店、岩崎書店といった児童書出版社や、主婦の友社など大手出版社の企画、編集、翻訳、DTP制作もおこなう編プロに加え、版元としても、「ボランティア基礎のキソ」シリーズ、「大人と子どものあそびの教科書」シリーズ、「考える絵本」シリーズなどを刊行、どれも、わかりやすく役に立つ良書と評判。

目次

パート1
落語について調べよう!
1落語って、いつからはじまったの?
2落語の大きな特徴は?
3落語の流れ
4どんな作品があるの?
パート2
落語家について調べよう!
1落語家の「一門」って、なに?
2上方落語とは?
3落語と漫才のちがいは?
パート3
落語の決まりごと
1高座の着物
2顔の向きのひみつ
3落語の小道具「扇子」と「手ぬぐい」
4落語のしぐさのいろいろ
● しぐさあてクイズ
● 落語まめじてん
● さくいん

関連書

タグ:児童書

ページの上部へ▲

タグ: ,