画文集 利尻の島の彩り

画文集 利尻の島の彩り

永田 英司 画, 西谷 榮治 文・写真
B5変 / 56ページ / 並製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-7791-2645-1 C0071
奥付の初版発行年月:2019年12月 / 書店発売日:2019年12月04日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

大いなる自然に抱かれた利尻島、そして植物と動物。
四季折々の島の様子を絵画と写真でつづる画文集。
オールカラー!

「飛行機が利尻島に近づくにつれ、島を形作る壮大な利尻富士の
 雄姿が窓下に迫って来た。5月というのに冠雪していて、その美しさに
 息を呑みつつ、未知なる世界に心を躍らせた。それが、日本列島最北端
 に位置する利尻島との出会いの幕開けだった」(本文より)

著者プロフィール

永田 英司(ナガタ エイジ)

ながた・えいじ
昭和24年生まれ。宗教法人 浄土宗 桂林寺住職。
浄土宗芸術家協会常任理事。
現在、日本画・水墨画・絵手紙教室を主宰。
著書に『草樹礼讃 永田英司 画文集』(彩流社、2018年)がある。

西谷 榮治(ニシヤ エイジ)

にしや・えいじ
昭和29年、利尻町沓形生まれ。
昭和52年、國學院大學Ⅱ部文学部史学科卒業。
亦稚貝塚発掘調査のあと、利尻町立博物館開館運営に係わる。
平成27年、退職後、島曜日の毎日、利尻島の歴史を調べ、
森や野原、海岸を歩いて写真を撮る。
[島曜日2019]http://shimayoubih31.jugem.jp/
[島曜日(旧ブログ)]http://riishiri.jugem.jp/

関連書

ページの上部へ▲