中央駅

中央駅 중앙역 Jungangyeok

キム・ヘジン 著, 生田 美保 訳
四六判 / 303ページ / 並製
定価:1,500円 + 税
ISBN978-4-7791-2611-6 C0097
奥付の初版発行年月:2019年11月 / 書店発売日:2019年11月12日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

韓国文壇界、新進気鋭の若手作家による長編小説!

日経新聞に書評掲載など、 国内でも反響の大きかった
『娘について』の著者、キム・ヘジンが、
絶望の淵に立つ男女の愛を描き出す…本邦初訳!

これがどん底だと思ってるでしょ。
違うよ。底なんてない。
底まで来たと思った瞬間、
さらに下へと転げ落ちるの――  (本文より)

路上生活者となった若い男、同じく路上で暮らしながら、
毎晩、際限なく酒をあおる病気持ちの女。
ホームレスがたむろする中央駅を舞台に、
二人の運命は交錯する。『娘について』
(亜紀書房刊)を著したキム・ヘジンによる、
どん底に堕とされた男女の哀切な愛を描き出す長編小説。

現在形の直線的な文章で断崖絶壁に追い詰めては
平地に連れ戻す、この文体の力は、永きにわたり
韓国文学の財産になるであろう。
──「第5回中央長編文学賞受賞作」審査評

愛の本質を探究しつつも、限界に達した資本主義の
影と社会の問題を見逃さない若い作家の洞察……
作品に深みを与えるまっすぐで流麗な文章
            ──中央日報 書評

版元から一言


■■■『中央駅』ためし読みはこちら!■■■

著者プロフィール

キム・ヘジン(キムヘジン)

Kim Hyejin.
1983年、大邱生まれ。
2012年に、短編小説「チキンラン」で文壇入りし、
2013年、本書『中央駅』で第5回中央長編文学賞受賞。
2018年、『娘について』(古川綾子訳、亜紀書房、
2019年)で、第36回シン・ドンヨプ文学賞受賞。
他の作品に短編集『オビ』など。

生田 美保(イクタ ミホ)

Miho Ikuta. いくた・みほ。
1977年、栃木県生まれ。東京女子大学現代文化学部、
韓国放送通信大学国語国文学科卒。2003年より韓国在住。
訳書に、
『いろのかけらのしま  ポプラせかいの絵本』
(翻訳、イ・ミョンエ 著、ポプラ社、2017年)、
『野良猫姫  新しい韓国の文学』
(翻訳、ファン・インスク 著、鈴木千佳子 イラスト、クオン、
2014年)、
『韓国・朝鮮の知を読む』
(部分訳、野間秀樹 編、クオン、2014年)などがある。

関連書

ページの上部へ▲