東京の忘れられた二級河川の物語呑川のすべて

呑川のすべて 東京の忘れられた二級河川の物語

近藤 祐 著
四六判 / 185ページ / 並製
定価:2,700円 + 税
ISBN978-4-7791-2608-6 C0021
奥付の初版発行年月:2019年08月 / 書店発売日:2019年08月06日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

世田谷区、目黒区、大田区を流れ、東京湾にいたる
二級河川「呑川」。
その来歴と現在を、書誌や古地図、独自な視点での探索を
手がかりにつむぎだす「小さな物語」。
人が「風景」に抱く悔恨と希求、そして忘却と再生をめぐる
異貌の「東京論」。

著者プロフィール

近藤 祐(コンドウ ユウ)

こんどう・ゆう
1958年、東京生まれ。建築家。
慶應義塾大学経済学部卒業。
アパレル企業企画部に勤務後、設計事務所での勤務を経て独立。
現在、建築デザイン事務所を運営している。
著書に
『物語としてのアパート』(2008年)、
『洋画家たちの東京』(2011年)、
『脳病院をめぐる人びと』(2013年)、
『生きられる都市を求めて』(2016年)、
『狭さの美学』(2017年)(すべて彩流社刊)。

目次

[1]久が原
[2]奥沢
[3]等々力
[4]水源のまぼろし
[5]水神のゆくえ
[6]緑道は続く
[7]河口まで

関連書

ページの上部へ▲