エノラ・ゲイ論争と歴史教育アメリカにおけるヒロシマ・ナガサキ観

アメリカにおけるヒロシマ・ナガサキ観 エノラ・ゲイ論争と歴史教育 Hiroshima and Nagasaki in the United States;Enola Gay Controversy and History Education

藤田 怜史 著
A5判 / 395ページ / 上製
定価:3,600円 + 税
ISBN978-4-7791-2607-9 C0022
奥付の初版発行年月:2019年08月 / 書店発売日:2019年08月09日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

米国人の核認識の本質に迫る!

90年代合衆国では、広島と長崎に原子爆弾を投下した
B29戦略爆撃機「エノラ・ゲイ号」の展示をめぐって
論争の嵐が吹き荒れた。
なぜ論争は巻き起こったのか?
米国人が抱える原爆投下認識を、合衆国の歴史教育から紐解く一冊。

著者プロフィール

藤田 怜史(フジタ サトシ)

Satoshi Fujita.
ふじた・さとし
明治大学文学部兼任講師。
専門は米国史、戦争の歴史と記憶をめぐる問題について。
明治大学文学部史学科地理学科卒、明治大学大学院
文学研究科修了後、明治大学文学部助教を経て現職。
訳書に
『ヘンリー・スティムソン回顧録 上・下』
(共訳、国書刊行会、2017年)、
『原爆投下とアメリカ人の核認識:
通常兵器から「核」兵器へ』(共訳、彩流社、2013年)、
『老兵は死なず:ダグラス・マッカーサーの生涯。』
(共訳、鳥影社、2016年)。

目次

第1章 問題の所在──エノラ・ゲイ論争と原爆投下の記憶

 第1節 アメリカにおける原爆投下認識
        ──エノラ・ゲイ論争から
 第2節 アメリカ国民は何を知っているのか

第2章 原爆投下をめぐる研究動向

 第1節 原爆投下決定研究における三つの学派の成立
 第2節 原子爆弾に対する認識と反対論の有無
 第3節 日本は降伏寸前であったのか
      ──アメリカ側の認識と実際の状況
 第4節 米軍の日本本土侵攻作戦と予測死傷者数
 第5節 原爆投下の代案と降伏の決定要因
 第6節 原爆投下の歴史的コンテクスト

第3章 アメリカ歴史教育における原爆投下の決定

 第1節 敗戦直後から1980年代まで
 第2節 多様な見解の提示──1990年代の歴史教科書
 第3節 反動の兆候──2000年代以降

第4章 歴史教科書における原爆投下の位置付け

 第1節 歴史教科書における第二次世界大戦
            ──軍事的展開への偏重
 第2節 歴史教科書における冷戦初期の構成
 第3節 第二次世界大戦と冷戦における原爆投下
 第4節 核時代における原爆投下

第5章 原爆投下と核時代── NASM の試み

 第1節 エノラ・ゲイ号展示計画の立案
 第2節 展示台本第一稿「岐路」の内容
 第3節 展示台本第一稿への反応

第6章 国立航空宇宙博物館の挫折

 第1節 「核軍拡競争」の削除要求
 第2節 「核軍拡競争」の削除へ
 第3節 「最終幕」中止の決定

結論

関連書

ページの上部へ▲