鼻持ちならぬバシントン

鼻持ちならぬバシントン The Unbearable Bassington

サキ 著, 花輪 涼子 訳
四六判 / 240ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-2595-9 C0097
奥付の初版発行年月:2019年07月 / 書店発売日:2019年07月11日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

本邦初刊行! サキによる長篇小説!

シニカルでブラックユーモアに溢れた世界観が特徴の
短篇作品の巧手サキ。
20世紀初頭のロンドン、豪奢な社交界を舞台に、
独特の筆致で描き出される親子の不器用な愛と絆。

著者プロフィール

サキ(サキ)

Saki.
1870 - 1916.
作家・ジャーナリスト。
本名はヘクター・ヒュー・マンロー(Hector Hugh Munro)。
インド帝国警察に勤務したのち、ジャーナリストとして活躍。
そのかたわら数多くの短篇小説を執筆し、
短篇の名手と称される。第一次世界大戦時に軍に志願し、
フランスにおいて絶命。
近年の邦訳に
『サキの思い出 評伝と短篇』
(エセル・M・マンロー、ロセイ・レイノルズ、サキ 著、
花輪涼子 訳、彩流社、2017年)、
『四角い卵  白水Uブックス』(和爾桃子訳、白水社、2017年)、
『平和の玩具  白水Uブックス』
(和爾桃子訳、白水社、2017年)、
『けだものと超けだもの 白水Uブックス』
(和爾桃子訳、白水社、2016年)、
『クローヴィス物語 白水Uブックス』
(和爾桃子訳、白水社、2015年)、
『ウィリアムが来た時』(深町悟訳、国書刊行会、2019年6月)、
『サキ短編 『スキャンダルの行方』 Kindle』
(サキ全訳プロジェクト訳、Amazon Services International,
Inc.、2019年)、
『サキ短編 『ビザンチン風オムレツ』』
(サキ全訳プロジェクト訳、Amazon Services
International,Inc.、2017年)、
『サキ短編 『ラプロシュカの魂』『困った雄牛』』
(サキ全訳プロジェクト訳、Amazon Services
International,Inc.、2017年)ほか。

花輪 涼子(ハナワ リョウコ)

Ryoko Hanawa.
はなわ りょうこ
翻訳家。翻訳会社にて主にIT関係の翻訳・チェック等に
携わりながら、文芸翻訳家としても活動。
訳書に
『英語で読むシェイクスピア四大悲劇』
(共訳、IBCパブリッシング株式会社、2013年)、
『サキの思い出 評伝と短篇』(単訳、彩流社、2017年)。

関連書

ページの上部へ▲