日本のシビリアン・コントロール論の特質と問題軍人と自衛官

軍人と自衛官 日本のシビリアン・コントロール論の特質と問題 Civilian Control of The Military

小出 輝章 著
A5判 / 292ページ / 上製
定価:3,000円 + 税
ISBN978-4-7791-2577-5 C0031
奥付の初版発行年月:2019年09月 / 書店発売日:2019年09月17日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

自衛隊は旧日本軍とは違う!

旧来の日本の「シビリアン・コントロール」論は、
合憲、違憲論者を問わず、
自衛隊の行動様式を
戦前暴走した旧軍と同じ“危険”なものと同一視し、
「文官統制」に象徴される
統制強化論と運用制約を中心とする管理論である。
それ自体否定すべきものではないが、やや硬直的な面があり、
現実に見合った柔軟な議論を進め、本来の統制のあり方とは、
如何なるものかが問われるべきである。

本書は、「シビリアン・コントロール」論の学説史を俯瞰
すると共に、日本の憲法解釈や蓄積された研究業績を検討し、
日本的[文民統制」の論理構成を摘出することに努め、
合わせて防衛問題に関する諸研究の中で論じられてきた
自衛隊認識と「シビリアン・コントロール」の関係性を
解明するものである。
そして、自衛隊の“暴走”の可能性についても検討し、
旧軍との差異を明らかにしようとしている。
現状、かつてより国民との距離が縮まっている自衛隊について、
多角的な分析研究をかさねることで、本書は、現実に役立つ
「シビリアン・コントロール」論の構築を提唱する労作と
なっている。

著者プロフィール

小出 輝章(コイデ テルアキ)

Teruaki Koide
こいで てるあき
大阪商業大学総合経営学部 講師。
1969年生まれ、関西大学商学部卒業、
同志社大学大学院法学研究科政治学専攻博士
(後期)課程修了、博士(政治学)。
論文:「55年体制へ到るまでの日本再軍備」
   『同志社法学』(2004年11月)、
   「戦後日本の政軍関係」
   『国際政治』(第154号、2008年12月)ほか

目次

序 章 ミリタリー・プロフェッショナリズム論からの検討

 第1節 歴史的生成物としての「シビリアン・コントロール」

 第2節 シビリアン・コントロール研究

 第3節 用語の定義と訳出の問題について

 第4節 本書の構成

第1章 ミリタリー・プロフェッショナリズム論と
    シビリアン・コントロール論の形成と展開

 第1節 ミリタリー・プロフェッショナリズム論と
     シビリアン・コントロール論の形成

 第2節 「ミリタリー・プロフェッショナリズム」論の展開
      ──軍事社会学の発展
 第3節 ハンティントン・モデルの展開

 むすび

第2章 公法学と「シビリアン・コントロール」

 はじめに

 第1節 憲法学と「シビリアン・コントロール」

 第2節 防衛法学と「シビリアン・コントロール」

 むすび──統制客体に対する認識とシビリアン・コントロール論

第3章 政軍関係研究におけるシビリアン・コントロール論

 はじめに

 第1節 ミリタリー・プロフェッショナリズムについての論点と
     「シビリアン・コントロール」

 第2節 制度と「シビリアン・コントロール」

 第3節 防衛政策とシビリアン・コントロール論

 第4節 政治的リーダーシップと「シビリアン・コントロール」

 第5節 新しいシビリアン・コントロール論
 
 むすび

第4章 自衛隊は暴走するのか

 はじめに

 第1節 “暴走”とは何を意味するのか

 第2節 クーデターの要因とは何か

 第3節 「シビリアン・コントロール」に関わる意識

 むすび

 章末付録:クーデター発生国の経済成長率問題データ

終 章 日本のシビリアン・コントロール論の課題

関連書

ページの上部へ▲