Japaneseness across the Pacific and Beyond

Japaneseness across the Pacific and Beyond

小澤 智子 編著
A5判 / 288ページ / 上製
定価:4,500円 + 税
ISBN978-4-7791-2559-1 C0022
奥付の初版発行年月:2019年01月 / 書店発売日:2019年01月23日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

『ジャパニーズネスは太平洋を越える/超える』

島国・日本の人びとは先史時代から自然に
海外と交流してきた。

1791年、和歌山県串本町大島の住民たちは
米国船が到着したのを目撃。
商人たちは毛皮を島民に売ろうとし、
船が出るまで短期間、住民は外国人と接触した。

19世紀半ば、宣教師、起業家、教育者、学生が
日本に到着。
西洋・アジアの人びとの文化交流や貿易が活発に
なっていった。

人の移動や交流は、さまざまな要素と目的を伴っている。
当初、欧州人と米国人はアジアの探検、植民地化を
めざしていたが、
その後は日本自体がアジアの植民者になった。

本書は、このような背景における日本の歴史の、
北東アジアと北米間での「ジャパニーズ」構築を分析する。
全文、英文。

著者プロフィール

小澤 智子(オザワ トモコ)

EDITOR : Tomoko Ozawa.
武蔵野美術大学言語文化研究室准教授。
共著書に
「東京都福生市・立川市周辺のアメリカ軍人の居住と
『福生新聞』にみる地元の反応」執筆
(『エスニック・アメリカを問う
「多からなる一つ」への多角的アプローチ
Searching Ethnic America:Multiple Approaches to
"E Pluribus Unum"』所収、
「人の移動とアメリカ」研究プロジェクト 編、彩流社、
2015年)があり、
共訳書に『日系アメリカ移民 二つの帝国のはざまで
  忘れられた記憶 1868-1945』
(東 栄一郎 Eiichiro Azuma 著、飯野正子・長谷川寿美・
小澤智子・飯野朋美・北脇実千代 訳、明石書店、2014年)
などがある。


【執筆者紹介】
Eiichiro Azuma is the Alan Charles Kors Term Chair
Associate Professor of History and Interim Director
of Asian American Studies
at the University of Pennsylvania.

Hisami Hasegawa is a part-time lecturer at Keio University.

Yuko Itatsu is an associate professor
at the University of Tokyo.

Norifumi Kawahara is a professor at Ritsumeikan University.

Michiyo Kitawaki is an associate professor
at Nihon University.

Yuukichi Niwayama is a part-time lecturer
at Chuo University, Seijo University, Sophia University,
and Musashi University.

Tomoko Ozawa is an associate professor
at Musashino Art University.

Miya Shichinohe-Suga is a professor
at Tokyo Gakugei University.

目次

Part1: Appropriating Japaneseness:
Advocates, Activists, and Educators

Chapter1: The Perils of Heritage Learning
in their Ancestral Land:
Educating Japanese American Nisei
as “Foreign-Born Compatriots” of the Empire
Eiichiro Azuma

Chapter2: Making Acceptable Women:
Michi Kawai’s Advancement and Autonomy
Tomoko Ozawa

Chapter3: Building More than Houses in Hiroshima:
Floyd Schmoe's Relief Activities
Hisami Hasegawa


Part2: Nationalizing Japaneseness:
Political Discussions in Japan and the US

Chapter4: Japanese Interracial Families
in the United States, 1879-1900:
What the Census Manuscript Population Schedules Reveal
Miya Shichinohe-Suga

Chapter5: Leisure in Desperation:
The Alliance and Axis of Forces in the Global Recreation
Movement 1930-1940
Yuko Itatsu


Part3: Experiencing and Expressing Japaneseness:
North American Nikkei Communities

Chapter6: Bobbed or Long Hair?:
Beauty Ideals and Practices in the Nikkei Community
Michiyo Kitawaki

Chapter7: Ship Names:
Reeling the Identities of Japanese Fishermen in Canada
Norifumi Kawahara

Chapter8: Nikkei Place:
Redefining the Meanings of Nikkei in Canada
Yuukichi Niwayama

関連書

ページの上部へ▲