世界で、日本で、始まっている社会のしくみづくり「脱使い捨て」でいこう!

「脱使い捨て」でいこう! 世界で、日本で、始まっている社会のしくみづくり

瀬口 亮子 著
A5判 / 176ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2553-9 C0036
奥付の初版発行年月:2019年02月 / 書店発売日:2019年02月19日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

のどが渇けばペットボトル飲料やコンビニコーヒー、忙しい日の晩御飯はデパ地下の惣菜を並べて完了。それほど贅沢しているわけではなくても、私たちの生活は、「地球を使いすぎ」ています。
地球を公平に将来にわたって共有していくために、今こそ「持続可能な消費と生産=使い捨て型ライフスタイルからの脱却」にシフトするときです。そして、誰もがそれを選択するためには「社会のしくみ」が必要です。
本書は、レジ袋、ペットボトル、使い捨て品、過剰包装、製品の長寿命化、食品ロス、といったアイテム、項目ごとに、国内外の「脱使い捨て」の政策・取り組み事例を豊富に紹介し、日本のしくみづくりに向けた考察を加えています。
脱使い捨ての取り組みは、生産者と消費者のコミュニケーションを促し、魅力的なまちづくりにもつながります。ポジティブな気持ちで一歩を踏み出すための一冊です。

著者プロフィール

瀬口 亮子(セグチ リョウコ)

せぐち・りょうこ
早稲田大学大学院法学研究科修了。
国際環境 NGO FoE Japan 職員を経て、
現在、NPO法人環境市民理事・研究員、
水Do!ネットワーク事務局長、環境カウンセラー。
主に廃棄物・3Rおよび気候変動・エネルギーの
分野において、国内外の法制度や取り組み事例の
調査研究、提言活動を行う。
また、キャンペーンの企画運営、環境教育など、
様々な主体と協働で現場活動を展開。

目次

目次(抜粋)
●第1章 なぜ今、脱・使い捨て?
「地球の使いすぎ」?
「持続可能な消費と生産」へのシフト
プラスチックをめぐる新たな動向……

●第2章 レジ袋を減らす
経済的手法の先行事例~デンマークとアイルランド
自治体の条例で広がるプラスチック袋禁止と有料制~アメリカ
生鮮食品用のプラスチック袋も禁止~フランス……

●第3章 ペットボトルを減らす
全米市首長会議での決議と自治体のボトル飲料水調達禁止……
公共エリアでのペットボトル飲料水販売禁止~サンフランシスコ市
世界を驚かせたボトル飲料水販売禁止の町~豪州・バンダヌーン……

●第4章 使い捨て品を減らす
韓国の法律に基づく一回用品使用規制
ドイツ・カッセル市等における使い捨て容器への環境税
バークレーで画期的な使い捨て食品容器削減条例が成立

●第5章 過剰包装を減らす
韓国の法律による過剰包装規制
包装の適正化に向けた消費者と事業者のコミュニケーション……

●第6章 長く使う、修理する、シェアする
おもちゃドクターにおまかせ
修理の楽しさを広げるリペアカフェ……

●第7章 食品ロスを減らす
貧困者支援から生まれたフードバンク……
フランス、大型スーパーの食品廃棄を禁止・・・

●第8章 私たちが選ぶ未来
日本のしくみづくりに向けて
一番大事なRは「責任」……

関連書

ページの上部へ▲