演劇とはなにか

演劇とはなにか

近藤 耕人 著
四六判 / 208ページ / 上製
定価:2,400円 + 税
ISBN978-4-7791-2519-5 C0074
奥付の初版発行年月:2018年10月 / 書店発売日:2018年10月03日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

近代演劇は、日本の現代の文化・社会・政治状況と
どれだけ向き合い、
思想や哲学の核となって表現活動をしているのか。

スーザン・ソンタグ『写真論』の訳者・近藤耕人が、
自身の体験をもとに、「演劇」の真髄に迫る。

舞台作りに必要な「役者」「装置」に始まり、
演劇について考察する際に欠かせない要素
「言葉」「肉体」「霊」を論じて、
「映像」、「記憶」などの概念を
演劇の視点で解釈し、問題提起する!

著者プロフィール

近藤 耕人(コンドウ コウジン)

こんどう・こうじん 
一九三三年、東京に生まれる。
東京大学英文科卒業、作家・評論家。
戯曲に
『風』(一九六二年、第一回文芸賞戯曲部門佳作入選)、
オペラ台本『五重塔』(一九六九年、幸田露伴原作)、
『死者の書』(二〇〇二年、折口信夫原作)。
著書に
『映像と言語 紀伊國屋新書』(紀伊國屋書店、1965年)、
『見ることと語ること』(青土社、1988年)、
『目の人 メディアと言葉のあいだを読む』(彩流社、2012年)、
『山高帽と黒いオーバーの背』(水声社、2014年)など。
訳書に
スーザン・ソンタグ『写真論』(晶文社、1979年)、
ジェイムズ・ジョイス『さまよえる人たち―戯曲・三幕』
(彩流社、1991年)など。

目次

主な目次


舞台の構成

1 役 者
 ——ソポクレス、ハムレット、ヘイウッド
   
2 女 優
 ——オフェリア・ポピ

3 演 出
 ——アルトー、オニール、ゴドーを待ちながら

4 音  ——チエホフ、三善晃、堀内茂男

5 衣 装——サロメ、山海塾、グリーナウェイ

6 装 置——ベケット、豊島重之

7 観 客——蜷川幸雄、カズオ・イシグロ、フェードル

8 舞 台——ピランデルロ、近代演劇


劇の要素

9  出来事
  ——サッコ、バンゼッティ、利賀村、パリ・オペラ座

10 場  
  ——シング、イーストエンド、カムデンタウン・ラウンドハウス

11 言 葉——リア王、オレステイア

12 台詞と俳優——ジョイス

14 身体の行動——バーグマン、ファウスト、ゴドー

15 神  ——ワイルド、折口信夫

16 霊  ——三島由紀夫

17 私  ——カントル


演劇の周囲

18 映 像——舞台のバーグマン

19 時 間——ベケット、太田省吾

20 記 憶
  ——イェイツ、ジョイス、ポランスキー、マリアーヌ

21 反 復——アガサ・クリスティー

22 政 治——カントル、アンソル・フガード

関連書

ページの上部へ▲