アイスランド紀行ふたたび(仮)

アイスランド紀行ふたたび(仮)

小林 理子 著
四六判 / 144ページ / 上製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2513-3 C0026
奥付の初版発行年月:2018年08月 / 書店発売日:2018年08月24日
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

アイスランドの友人家族を訪ねて、3度目のアイスランドへ!

初版 『アイスランド紀行』(2001)、
増補版『アイスランド紀行』(2007)に続く、
アイスランド滞在記!

オーストラリアでの出会いから、
四半世紀続くアイスランド人一家との交友。
今回は一家のお宅にホームステイ、
アイスランドの暮らしを綴ります。

今年のワールドカップ
初出場&歴代最小国で話題!

写真多数!

著者プロフィール

小林 理子(コバヤシ マサコ)

こばやし・まさこ
1965年、東京に生まれ、群馬で育つ。
音響技術(現・音響芸術)専門学校夜間部、
慶應義塾大学文学部通信教育課程卒業(専攻は社会学)。
著書に『アイスランド紀行──氷と火の島から』
(彩流社、初版・2001年/増補版・2007年)がある。

目次

プロローグ

私たちとアイスランド――四半世紀に及ぶ交友

よれよれの到着、そして白夜で眠れない

・レイキャヴィーク市内あれこれ見てある記

・自然環境を大切に守るアイスランド人――大自然にどっぷり

南海岸ツアー

マグダレナさんの別荘にて

マグダレナさんの別荘を拠点に――グトルフォス、ゲイシール

ケリズ火口湖とシンクヴェトリル国立公園

リミ(Rimi)の養蜂家を訪ねて、ほか

・ハルパ一家との交友

日本食ディナーパーティと伝統的料理は作れない
アイスランド現代核家族

アイスランドのポピュラーな家庭料理とスイーツ

がんばれ姪っ子スンナ! ナショナル・ハンドボール・リーグ

コメディアン市長、ほか

・お祭り好きなアイスランド人

ヴァイキング・フェスティバル

独立記念日のセレモニーとパレード

外来語の導入を気遣うアイスランド

コメディアン市長、ほか

・政治にまつわる話あれこれ

税金

社会福祉

外来語の導入を気遣うアイスランド

コメディアン市長、ほか

・一大リゾート地、ブルーラグーンへ


【コラム】

夏休みと子供たちの職業体験

学校教育のもろもろの費用

通知表(成績表)

実は積極的なファッション発信地、アイスランド

雨の日に傘を差していたら外国人旅行者と思え

アイスランドのレストラン

ヘルマンの会社と国家破綻、一生涯続く公務員資格

西暦930年から続く民主議会アルシンギ

首都圏の住宅事情と遠距離通勤

アイドルがいない!

健康づくりのため親しまれているスポーツ

野菜ギライの子は連れていけない国?

夏のレジャー

大晦日のフィーバー

関連書

ページの上部へ▲