プロ野球「未曾有の記録」を残した男アンタッチャブル・レコード(仮)

アンタッチャブル・レコード(仮) プロ野球「未曾有の記録」を残した男

柳本 元晴 著
四六判 / 192ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2495-2 C0075
奥付の初版発行年月:2018年10月 / 書店発売日:2018年10月24日
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

日本のプロ野球界には、
おそらく今後、
誰にも手の届かない記録が存在する。

江夏豊の「401奪三振」、稲尾和久の「シーズン42勝」
杉浦忠の「日本シリーズ4連投4連勝」等々。

日本のプロ野球は1936年(昭和11年)にスタートし、
米国のメジャーリーグをのぞいて最長の歴史を誇る。
時代が移ろうとも決して色あせることのない
偉大な記録を残した選手の真実に迫る……。

著者プロフィール

柳本 元晴(ヤナモト モトハル)

やなもと・もとはる
1956年、広島市出身。
修道高校、立教大学卒業。
1982年、ベースボール・マガジン社に入社。
「週刊ベースボール」編集部にて、
プロ野球、アマチュア野球などを中心に編集記者を務める。
1991年、水泳専門誌「スイミング・マガジン」編集長就任。
1992年、バルセロナ、1996年アトランタ五輪を現地取材。
1998年、創刊「ワールド・サッカーマガジン」誌の初代編集長。
1999年3月から約10年間にわたり
「週刊ベースボール」編集長を務める。プロレス、サッカーに
押され気味だった週刊ベースボール誌を立て直す。
その間、編集局局次長に就任し兼任。
2009年に分冊百科「プロ野球セ・パ誕生60年」創刊に携わり、
全100巻を発行。
2014年1 月ベースボール・マガジン社を退社。
ライターとして活動を始める。
2012年から4年間、東京六大学野球連盟の公式記録員を務めた。
著書に『カープのスカウト 宮本洋二郎
マエケンをカープに導いた男』(彩流社、2017年)がある。

目次

(1)江夏豊「世界記録シーズン401奪三振」
(2)稲尾和久「シーズン42勝」
(3)権藤正利「28連敗」
(4)杉浦忠「日本シリーズ4連投4連勝」
(5)福本豊「1065盗塁」
(6)高井保弘「代打ホームラン27本」

関連書

ページの上部へ▲