「私」から「私たち」へ共鳴するジョージ・エリオットとヴァージニア・ウルフ

共鳴するジョージ・エリオットとヴァージニア・ウルフ 「私」から「私たち」へ "Separateness and Communication"/"Unity and Dispersity":A Study of George Eliot and Virginia Woolf

木下 未果子 著
四六判 / 304ページ / 上製
定価:3,200円 + 税
ISBN978-4-7791-2468-6 C0098
奥付の初版発行年月:2018年04月 / 書店発売日:2018年04月10日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

リアリズム作家 ジョージ・エリオットと、
リアリズムに抗して
モダニズムの旗手となったヴァージニア・ウルフ。

対照的とみなされる2人の英国作家には、
そのテーマにおいて
緊密なつながり、継承が見出せるーー

「個/集合体」、「私的/公的領域」、「分離/交流」、
そして帰属の問題。ハンナ・アーレントも援用し、
エリオットとウルフのテーマと、
2人の共通性をあぶりだす。

著者プロフィール

木下 未果子(キノシタ ミカコ)

Mikako KINOSHITA.
きのした・みかこ
国際基督教大学教養学部卒業。
フェリス女学院大学大学院人文科学研究科博士課程修了。
文学博士。
現在、東京慈恵会医科大学、神奈川大学非常勤講師。
ウルフ『船出 上・下(岩波文庫)』
(ヴァージニア・ウルフ著、
川西 進 訳、岩波書店、2017年)に解説を寄せている。

目次

 序章
 
第一部 社会通念と自己の「現れ」

 第一章 「聞く」こと、「物語る」こと

 第二章 「私のヴィジョン」への道のり

第二部 到達する新領域

 第三章 移動を超えて

 第四章 帰属の曖昧性

第三部 分散した「個」から「共通世界」構築へ

 第五章 「亡命」からの解放

 第六章 パジェントによる「共通世界」構築の試み

関連書

ページの上部へ▲