八重山諸島につなぐ命暖流 飯島幸永写真集

暖流 飯島幸永写真集 八重山諸島につなぐ命

飯島 幸永 写真・文
B4変 / 184ページ / 上製
定価:6,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2435-8 C0072
奥付の初版発行年月:2017年11月 / 書店発売日:2017年11月17日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

昭和48年から4年間の撮影取材、
そして40年後の平成25年から六回の訪問。
沖縄・八重山諸島の
自然のなかで生きる人との再会と
刻まれた豊かな表情を活写する!



この写真集には、苛酷な生活と歴史を堂々と

生き抜いて来たたくましさが詰まっている。

私達の遠い祖先の声が聞こえる。

作家・数学者 藤原正彦

版元から一言

《沖縄復帰45周年記念》

著者プロフィール

飯島 幸永(イイジマ コウエイ)

いいじま こうえい
1942年、東京に生まれる。
1964年、東京写真短期大学(現東京工芸大学)を卒業。
    卒業と同時に写真家杉山吉良に師事。
1980年、個展「寒流-雪国の女-」を開催。
1991年、日本画家・上村松篁の写真集『歩歩清風』
    (中央公論美術出版社刊)
2001年、写真集『人間上村松篁』(小学館刊)
    『あなたしか撮れない写真』(実業之日本社刊)
2007年、細川護煕作品集『晴耕雨陶』(新潮社)に写真掲載。
2010年、飯島幸永写真集『日本画家・堀文子 美の 旅人』を
    実業之日本社より刊行。
2012年、写真集『寒流─津軽の女╱越後・雪下有情』(彩流社刊)

目次

【収録内容】

一、黒潮のウミンチュ(漁夫)

❖前花正一さんのこと

❖下地昇さんとの出会い

❖カジキ漁と上原正且さん

二、時代を映す、子供達の笑顔

三、ミンサーを、織り繫ぐ人

❖比嘉律子さんと家族

四、波濤を超えて

❖異郷の人々との再会

五、心に残る再会

六、暮らしを継ぐ生業

七、「御霊しずめ」の仕来り

八、島への想い。「来る人、回帰る人」

九、今も、そしてこれからも

十、潮風に刻まれた、「相貌」

時代を繫ぐ映像力──ジャーナリスト/岡井耀毅

遠い祖先の声が、聞こえる──作家╱数学者 藤原正彦

屹立する、八重山人の精神性──飯島幸永

❖タイトル「暖流」/書家・西大舛宮子

関連書

ページの上部へ▲