ゆかいなセリア

ゆかいなセリア CELIA,LO QUE DICE

エレーナ・フォルトゥン 著, 西村 英一郎 訳, 西村 よう子 訳
四六判 / 311ページ / 上製
定価:2,500円 + 税
ISBN978-4-7791-2412-9 C0097
奥付の初版発行年月:2018年01月 / 書店発売日:2018年01月09日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

おしゃまなセリアは
ほんとはとーってもいい子なのに
彼女の行くところは、
なぜだかいつも大騒ぎに!

1928年にスペインの子ども新聞で連載開始された
セリアの物語は人気を博し、その後、
長きにわたって多くの人に親しまれ、
『セリア』シリーズは巻を重ねていきます。
本書はその1冊目。

まだ幼い、素直でまっすぐな女の子が、
それゆえに巻き起こす小さな事件の数々とは?

大人も子どもも楽しめる、スペイン児童文学の
人気者セリアのお話、はじまりはじまり!

著者プロフィール

エレーナ・フォルトゥン(エレーナ フォルトゥン)

Elena Fortún.1886-1952
本名:エンカルナシオン・アラゴネセス・ウルキッホ。
スペイン・マドリッド生まれ。
『セリア』シリーズは代表作。

西村 英一郎(ニシムラ エイイチロウ)

にしむら えいいちろう
1949年、三重県に生まれる。京都大学文学部卒。
青山学院大学大学院博士課程前期修了。
専門はラテンアメリカ現代文学、ラテンアメリカ植民地史。
訳書に『赤い薔薇ソースの伝説』(ラウラ・エスキヴェル 著、
西村英一郎 訳、世界文化社、1993年)、
『継母礼讃 中公文庫』(マリオ・バルガス=リョサ 著、
西村英一郎 訳、中央公論新社、2012年)、
『ドン・リゴベルトの手帖 中公文庫』
(マリオ・バルガス=リョサ 著、 西村英一郎 訳、
中央公論新社、2012年)、
『密林の語り部 岩波文庫』(バルガス=リョサ 著、
西村英一郎 訳、岩波書店、2011年)、
『オババコアック』(ベルナルド・アチャーガ 著、
西村英一郎 訳、中央公論新社、2004年)など。

西村 よう子(ニシムラ ヨウコ)

にしむら ようこ
1952年生まれ。明治大学英米文学科卒。
カリフォルニア州立大学現代美術史修了。

関連書

ページの上部へ▲