“郵便局のご朱印”を集める、歩く、手紙を書く風景印かながわ探訪

風景印かながわ探訪 “郵便局のご朱印”を集める、歩く、手紙を書く

古沢 保 著
A5判 / 183ページ / 並製
定価:1,600円 + 税
ISBN978-4-7791-2391-7 C0026
奥付の初版発行年月:2017年11月 / 書店発売日:2017年11月14日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

風景印とは郵便局で押せる、
地元の名所や名産品を図案化した消印の一種。

ローカル色豊かでカワイイ図案も多いので、
隠れコレクターも多い、秘かな人気ジャンルです。

全国の郵便局の約半数1万1000もの局で扱っています。

スタンプの色が赤で、自分では押せずに局員さんに
押してもらうところなどが今ブームの「ご朱印」に似ており、
「ご朱印の次のブームは風景印」とも言われています。

本書の著者は風景印を集めながら現地を訪ね歩くことを
「風景印散歩」と命名し、推奨。
神奈川県内88の郵便局の風景印をめぐるエピソード、
文化・歴史的背景を一挙紹介しひと味違う旅を提案!

神奈川新聞のロング連載の単行本化企画!

著者プロフィール

古沢 保(フルサワ タモツ)

ふるさわ・たもつ
1971年2月26日、東京都生まれ。
会社員、雑誌記者を経て98年よりフリーライター。
郵便局に配備される「風景印」という消印を題材に、
街歩きや手紙を出す楽しみを、執筆や講演で伝えている。

主著:『東京風景印散歩365日・郵便局でめぐる
東京の四季と雑学』(同文舘出版)。
『風景スタンプワンダーランド』、
『切手女子も大注目!ふるさと切手
+風景印マッチングガイド』、『風景印でめぐる
江戸・東京散歩~歌川広重「名所江戸百景」のそれから』
(日本郵趣出版)。

主な連載記事:『消印に刻まれた風景』(中日新聞)、
『マッチング風景印探偵事務所』(郵趣)、
『古沢保の風景印便り』(レターパーク)、
『カルチャーボックス・TV』(JUNON/主婦と生活社)。

テレビでの風景印の案内役として
『こんにちはいっと6けん』(NHK)、
『東京ウォーキングマップ』(TBS)、
『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)などに出演。

カルチャーセンター等での講演も多数。

目次

紹介する風景印(一部抜粋)

横浜上白根局~三大珍獣オカピに顔をなめられる

青葉台駅前局~ここがハロウィンブームの先駆け!

川崎溝ノ口局~異端の人・岡本かの子の青春

半原局~宮ケ瀬ダムで人工の滝を体験

藤沢橘通局~生きていた藤沢メダカ

箱根町局~ものすごい駅伝マニアに遭遇

海老名大谷局~こんな都市部で村芝居

初声局~三浦大根でフルコース

横浜滝頭局~市電保存館のノスタルジーetc

(コラム)
風景印を集めよう!
風景印散歩に出かけよう!
風景印で手紙を出そう!
風景印仲間と出会おう!

関連書

ページの上部へ▲