なつかしの通勤電車(関西編)

なつかしの通勤電車(関西編)

広岡 友紀 著
A5判 / 96ページ / 並製
定価:1,700円 + 税
ISBN978-4-7791-2389-4 C0026
奥付の初版発行年月:2017年10月 / 書店発売日:2017年10月19日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

昭和30~50年代に活躍した、
大阪・京都・神戸を中心に走った
私鉄の通勤・通学電車。

なつかしの車両とターミナル駅周辺の情景。
高度経済成長期を支えた車両と風景等々、
写真も多数。

阪急電鉄・阪神電鉄・南海電鉄・京阪電鉄・近鉄。

著者の女性らしい暮らしの変化への視点と
読者を引きつける目からウロコの文章で
昭和の懐かしい通勤風景が甦ります。

巻頭にカラーページ有りです。

著者プロフィール

広岡 友紀(ヒロオカ ユキ)

ひろおか・ゆき
鉄道・航空評論家。全国の鉄道関係の著書多数。
財界・ホテル問題にも詳しい。
著書:『THE京王電鉄』『THE京急電鉄』
『THE小田急電鉄』『THE東急電鉄』
『THE西武鉄道』『THE 東武鉄道』
『THE 相模鉄道』『THE 京成電鉄』
『THE 阪神電鉄』『THE 京阪電鉄』
『THE 南海電鉄』『THE 阪急電鉄』
(「THE 民鉄」シリーズ)、
『リゾート開発と鉄道財閥秘史』、
2017年9月刊予定『なつかしの通勤電車〈関東編〉』
(彩流社)、
『西武鉄道』『京王電鉄』『小田急電鉄』ほか
「日本の私鉄」シリーズ(以上、毎日新聞社)、
『大手私鉄比較探見 東日本編―
首都圏10社の車両・ダイヤ・ターミナル…』、同西日本編、
『西武鉄道まるごと探見』(以上、JTBパブリッシング)、
『「西武」堤一族支配の崩壊』(さくら舎)など。

目次

第1章

首都圓通勤事情の変遷
1960年…通勤輸送が変わった
あの日、あの頃――思い出のターミナル・梅田(キタ)
あの日、あの頃――思い出のターミナル・難波(ミナミ)

第2章

通勤形車両の歩み

阪急電鉄

阪神電鉄

南海電鉄

京阪電鉄

近鉄

関連書

ページの上部へ▲