ジオノ作品の舞台を訪ねて

ジオノ作品の舞台を訪ねて

山本 省 著
四六判 / 272ページ / 並製
定価:2,500円 + 税
ISBN978-4-7791-2323-8 C0098
奥付の初版発行年月:2017年05月 / 書店発売日:2017年05月10日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International Shipping is Not avabilable.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

小説で描かれた場所に行けば、作品の秘密が分かる
というわけではない。だが、ジオノがさまざまな土地を
利用したのは、その土地が醸し出す雰囲気が
物語の情景に打ってつけだ、と考えたからだろう。

ジャン・ジオノ(1895―1970)は生涯を
南仏マノスクで暮らした。
マノスクはオート=プロヴァンス県の最南端に位置して
いるため「プロヴァンス」と称されることもあるが、
地中海岸のマルセイユやアルルのような町とは
大きく異なっている。

 「ばかげたプロヴァンス人像をでっちあげて
ほしくないのです。法螺吹きで、ペタンク好きで、
パスチス愛飲家というプロヴァンス人はたしかに存在します。
しかし、そういう人間は少数派なのです。
そういう人物像をあまり強調してほしくありません。
注目すべきはもっと別の人物像です。
もっとラテン的で、もっと人間的で、もっと謎めいた
プロヴァンス人なのです。
そういう人物はバス= プロヴァンスより
オート= プロヴァンスにはるかに多くいるということを
私は知っていますが、バス= プロヴァンスでも、
そうした人物はやはり見かけられます。
彼らは見かけよりずっと頑健です。

……プロヴァンス人なら、自分の故郷をもっと高尚に
解釈し、もっと正当に解釈する必要があります。そして、
プロヴァンスをはるかに正当に評価するようになれば、
プロヴァンスは高尚なのだという解釈が
生まれてくることになるのです」(ジオノ談)

 村や町、そして高原を訪ね、景色を眺め、大気に接する
と作品が身近に感じられます。
実際にはプロヴァンスまで行けない方に
ジオノ作品の引用や写真を見て楽しんでいただいて、
いずれ現地に行っていただければと思います。

著者プロフィール

山本 省(ヤマモト サトル)

やまもと・さとる
1946年兵庫県生まれ。信州大学名誉教授。
京都大学大学院文学研究科博士課程中退。
主な著書に『ジャン・ジオノ紀行』(彩流社)、
主なジオノ作品の翻訳に
『喜びは永遠に残る』『世界の歌』(河出書房新社)、
『木を植えた男』『憐憫の孤独』(彩流社)、
『丘 (岩波文庫)』(岩波書店)等がある。

目次

序  ジャン・ジオノと南仏オート=プロヴァンス
1  マノスク
2  バノン
3  ル・コンタドゥール高原
4  ルドルチエの廃墟
5  ヴァランソル高原
6  ル・トリエーヴ
7  サン= ジュリアン= アン= ボーシェーヌ、ボミューヌ
8  ヴァシェールとレイヤンヌ
9  デュランス河
10 マルセイユのル・フォール・サン= ニコラと
サン= ヴァンサン= レ= フォール
11 ラ・マルゴット
12 モンジュスタンとナンス
13 コルビエール

関連書

ページの上部へ▲