フィールウェアという発想「かわいい」のわざが世界を変える

「かわいい」のわざが世界を変える フィールウェアという発想 feel ware

下川 眞季 著
四六判 / 175ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2322-1 C0063
奥付の初版発行年月:2017年06月 / 書店発売日:2017年06月07日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

二十一世紀は、職人、技能士が、アーティストになる時代!

フィールウェアとは?

ハードウェア、ソフトウェアに次ぐ、第3のウェアです。
それは、「感性」という目に見えない無形な感覚を、
あらゆる有形なものに「見える化」する新しい表現方法のこと。

フィールウェアは、心を開放して感じることから始まります。
頭のおしゃべりを止めて、心で感じきる。
五感を開放して、ただひたすら感じてみる。
その感じ方を味わい尽くしてみる。
私たちが、花や動物を見て、思わず感動して愛でる気持ち。
その感情と感動を味わい尽くす。

フィールウェアの原点は五感を呼び覚ますことから始まります。

五感を開放して、ただただ感じる。この五感を駆使することで、
第六感の扉を開けることができるのです。
フィールウェアは、「共感引力」、という
見えないちからを引き出してくれるのです。

著者プロフィール

下川 眞季(シモカワ マサキ)

Masaki Shimokawa.
しもかわ・まさき
1957年東京生まれ。ダヴィンチ・ブレインズ代表取締役。
NPO 大田ビジネス創造協議会理事。
栃木県中小企業振興審議会委員。
下川技術士事務所所長・技術士( 経営工学部門)。
「フィールウェア・プロジェクト」主宰。
慶應義塾大学大学院工学研究科修了後、
1982年ソニー入社。
ソニーの女性修士エンジニア第1号。
CCDイメージセンサ、CCDカメラの開発・設計に従事。
発明エンジニアとなり、
デジカメの電子シャッター特許で全国発明表彰受賞、
社内特許表彰の最高位『特級表彰』を2回受賞。
やがて、
技術をビジネスに変える仕組みづくりの
技術経営者に転身。
東京工科大
学大学院でアントレプレナー修士号取得。
「カーブアウトの研究」でアントレプレナー賞受賞。
2013年、日本感性工学会主催の
「かわいい感性デザイン賞」を受賞した
新潟県燕三条の3社と共に、
感性モノづくりを発信する
「フィールウェア・プロジェクト」を発足。
2015年7月、
ロンドンのハイパージャパンで世界に発信!
好評を博す。
https://youtu.be/eYnvlXj8eL8
8/7(金) 第109回
MMS「元ソニーの女性エジソンが手がける、
フィールウェアプロジェクト」…
モノづくりに限らず、製販一体の体制を整える
ために、感性マーケティングを実践。
講演会やセミナーを通じて自ら
販売・宣伝も手掛ける。
オーナーウェブショップを開設し、
リアル店舗展開も遂行中。

目次

第1章 モノづくりを取り巻く社会の変化

ビジネスに発展できなかった技術

世界が認めた「隠れたチャンピオン企業」

第2章 発想は世界を変える

異分野こそアイディアの宝庫

日本人はなぜ製造業で成功したのか

おもてなしの心のこもった製品

異分野がもたらす意外な応用力

「神様」の設計を見抜くエンジニアたち

第四の価値軸「感性工学」

イノベーションは「かわいい」と「匠のわざ」が引き起こす

かわいい感性デザイン賞と匠のわざ

第3章 匠のわざはフィールウェアの時代へ

ハイパージャパンに挑む

ハードウェア、ソフトウェアに次ぐ
第三の「フィールウェア」

「感性」をデザインする

「買いたい!」のスイッチを押させるモノづくり

五感力の駆使が六感力を生む

「共感引力」で海外へ挑戦

「天使の爪切」「CANGAL」「蝶の庭」
「輪島おしどり」「桜コマ」
「漆櫛むげん」「薫を視る」

第4章 ワクワク系ものづくりとフィールウェアの未来

中小メーカーの取り組みと開発秘話

技術を可視化する

縁の下の力持ちが主役に

世界が認めたスゴ技を可視化する

ご当地つながり広げ隊

いつかはシャトルの工具箱

伝統工芸技術をコラボする

「言い伝え」が平成に蘇える

町工場のおやじと女性たちのコラボ

エピローグ

よそ者・若者・馬鹿者が連れてくるもの

夢と人づくり

挑戦する勇気

関連書

ページの上部へ▲