深層のハンガリー史へブダペシュトを引き剥がす

ブダペシュトを引き剥がす 深層のハンガリー史へ

戸谷 浩 著
四六判 / 189ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2319-1 C0022
奥付の初版発行年月:2017年04月 / 書店発売日:2017年04月27日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International Shipping is Not avabilable.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

眼に見える歴史と忘れられた歴史!

ハンガリーの首都ブダペシュトを構成する
主要な地区を取りあげ、そこに積み重ねられた
歴史の古層と特殊性を掘り起こし、
時の流れとともに複雑な“混淆”を経た果ての
現代を逆照射する。

ブダペシュト都市案内から展開される、
新たな歴史の読み方、方法の試み。

図版41点収録!

著者プロフィール

戸谷 浩(トヤ ヒロシ)

とや ひろし
明治学院大学国際学部教授。
専攻:ハンガリー近世史
著訳書等に、
『ハプスブルク軍政国境の社会史――自由農民にして兵士』
(カール・カーザー著、越村勲との編訳、学術出版会、2013年)、
『ハプスブルク帝国政治文化史――継承される正統性』所収
「帝国の南辺が作られる――軍政国境地帯の性格の転換と近代」
(論文、篠原琢・中澤達哉編、昭和堂、2012年)、
『西洋史論叢』(早稲田大学西洋史研究会 編、
-特集 世界システムとオスマン帝国-所収記事
「二つのシステムの交わる所の相貌:
近世ハンガリーの社会経済史的な位置」
(論文、早稲田大学西洋史研究会、2011年12月) 、
『国際学研究』(明治学院大学国際学研究会 編、
所収書評記事「 歴史遺産としてのドナウと、
Pars pro toto論--エステルハージ・ペーテル著
(早稲田みか訳)『ハーン=ハーン伯爵夫人の
まなざし--ドナウを下って』(東欧の想像力 3) 」
(書評、明治学院大学国際学部、2011年3月)、
『PRIME』(明治学院大学国際平和研究所 編、
-特集 「国家」、「民族」の諸問題と国際秩序の将来-
所収記事「対談 東ヨーロッパの民族・国家を考える:
ウクライナ問題が意味するもの」(吉岡潤、孫占坤との対談、
明治学院大学国際平和研究所、2016年3月)、
『ハンガリーの市場町――羊を通して眺めた近世の
社会と文化』(単著、彩流社、1998年)ほか。

目次

はじめに

第一章 「二項対立」の丘
――1 区 王城丘区

第二章 「政治」と「民衆」の広場
――5区 リポート街区

第三章 ブダペシュトの中の「南」
――1区 王城の丘とゲレールトの丘の間 タバーン

第四章 ドナウは全体である、ドナウは形式である
――ドナウ川とその河岸

第五章 「ユダペシュト」と呼ばれた街
――7区 エルジェーベト街区

第六章 「難民」ステーション
――8区 東駅・ヨージェフ街区

第七章 「赤きリンゴの国」の首都
――2区 バラの丘と水の街

参考文献

おわりに

関連書

ページの上部へ▲