他者を演じる文学テクストドイツの「移民文学」

ドイツの「移民文学」 他者を演じる文学テクスト

浜崎 桂子 著
四六判 / 351ページ / 上製
定価:3,600円 + 税
ISBN978-4-7791-2313-9 C0098
奥付の初版発行年月:2017年03月 / 書店発売日:2017年03月09日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International Shipping is Not avabilable.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

戦略としての「他者性」と獲得される普遍性ーー

移民や外国人=「他者」と刻印された
マイノリティである彼/彼女らが育む
「移民文学」とドイツ文学の行方。

ドイツにおける「移民文学」の
草創期(1980 年代)から2010 年頃までの情況を
踏まえ、「移民」作家たちがいかに創作したか、
どのようにドイツ社会に受容され、
また彼らが社会といかに切り結んだかを考察。

トルコ系ドイツ作家を中心に、
日本で紹介されることの少ない
「移民」ドイツ文学の現状を、
各作家の紹介・作品論ともあわせて概観。

【本書で論じられる主な作家】
アイセル・エヅアキン
ラフィク・シャミ
エミネ・セヴギ・エヅダマ
アラス・エーレン
フェリドゥン・ザイモグル
ヤーデ・カラ

著者プロフィール

浜崎 桂子(ハマザキ ケイコ)

はまざき・けいこ
立教大学異文化コミュニケーション学部教授。
ドイツ文学。

目次

【目次(予定)】

序 名付けることのジレンマと可能性

第1章 概念史と概念をめぐる議論

第2章 「他者」を名乗ること、
「他者」という呼称から逃げること

第3章 メッセージとしての文学

第4章 異言語の戦略的使用

第5章 エスノグラフィーとしての移民文学

第6章 「他者を書く」こと、
「他者が書く」こと

結論 「他者」の物語を読むこと

関連書

ページの上部へ▲